水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

水回りのトラブルについて

日常生活を送る中で、水の利用は欠かせないものです。
トイレやキッチン、お風呂など多くの場所で水が使われています。
普段何気なく、当たり前に使っている生活水も、突然のトラブルや断水などで利用できなくなる場合があるのです。
水回りが使えなくなることで、多くの負担を強いられることになります。
水回りのトラブルは様々ありますが、早急に対応することで復旧を早めることができるでしょう。
水回りのトラブルについて知っておきましょう。
また、水回りのトラブルは突然起こることが多いです。
自分で直せるようなトラブルから、専門業者に頼まなければ直らないトラブルもあるため、いざという時に頼れる水回り修理業者を把握しておくことも大切です。

トイレのつまりの原因は多岐にわたっており、表面上では原因が分からない場合もあります。そのため、専門業者に依頼して原因を把握して対応してもらえば、今後トイレのつまりは少なくなります。

・・・つづきはこちら

トイレタンクから水漏れがある場合の原因としては、給水管や止水栓のトラブルや部品の劣化などが代表的です。自分で対応できない場合は、専門業者に依頼して対応するのが望ましいです。

・・・つづきはこちら

トイレの水が止まらないときはまず現状の確認です。そして、簡単に直せるか否かを判断し、場合によって専門業者に相談すべきです。原因を発見するのも難しい場合は特に専門業者に頼りましょう。

・・・つづきはこちら

トイレの水漏れの原因は大きく分けると3つあります。どの原因であっても応急処置を行い、ご自身だけで解決できるかを考えるのが望ましく、専門業者に依頼することも視野に入れましょう。

・・・つづきはこちら

トイレが故障して水が出ないというトラブルがあります。原因としては、主に4つあります。トイレの仕組みや構造がわかっていると、トラブルも焦らずに対応することができるはずです。

・・・つづきはこちら

トイレの交換時期を見極めるのが難しいと感じる人も多いでしょう。寿命は100年以上だとされていますが、部品や配管の寿命は20年であるため、一緒に交換することをお勧めします。

・・・つづきはこちら

トイレの床が濡れている場合は給水管から水漏れしている可能性があるため、対処しなければなりません。給水管が劣化している場合は、自分で対処せずに水トラブルの業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレの止水栓から水漏れが発生することがあります。止水栓は、トイレの水漏れやつまりなどのトラブルを対処するために、設けられているものですが、パッキンが劣化すると水漏れします。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりや水漏れの修理費用には相場があります。トイレのつまりは3000円~12000円、水漏れは7000円~20000円が目安になるため、まず料金相場に見合っているかを確認しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレタンクの水がたまらない原因に合わせて適切な対処法を行えば、自分で解決できるトラブルも少なくありません。しかし、パーツの劣化の場合はパーツ交換を視野に入れましょう。

・・・つづきはこちら

トイレの悪臭に対する対処法を行うには、まず原因を探らないといけません。原因を取り除くのが肝心であり、適切な対処法を試してみましょう。特に注意すべきは下水臭がする場合です。

・・・つづきはこちら

トイレタンクのパッキン交換の手順は自分で対応できないものではありません。しかし、必要な道具と材料を用意して対応しないといけないため、水道修理業者に依頼することを視野に入れましょう。

・・・つづきはこちら

トイレに異物を流してしまったときの対処法としてまず覚えておくべきは何をやってはいけないかです。さらに、通水テストを行って落とした異物がつまっていないのかをまず行うべきです。

・・・つづきはこちら

トイレの異音によって原因は異なり、対処法も変えないといけません。自分で対応できる場合もあれば、水道修理業者に依頼しないといけない場合もあるため、注意してください。

・・・つづきはこちら

トイレの止水栓から水漏れしている場合は、まず止水栓を締めるようにしましょう。経年劣化が原因となる場合が多く、修理や交換が必要であり、応急処置では根本的な解決にはなりません。

・・・つづきはこちら

トイレが故障した時、修理業者に依頼をしますが初めて依頼をするという人は、修理業者の選び方に迷うものです。依頼をする前に、選び方のコツを知っておくと業者選びに失敗しません。

・・・つづきはこちら

トイレのタンクはチェーンがあり、レバーと繋がっています。タンクのチェーンが切れてしまうとトイレの水が流れなくなります。チェーンが切れた場合の修理方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

誰も触っていなくても、トイレの水が勝手に流れるというトラブルが起こることがあります。勝手に流れる原因を知らないと不安になるでしょう。原因と対処法について知っておくと安心です。

・・・つづきはこちら

トイレタンクは常に水が溜まっていますが、トラブルが発生すると水が溜まらなくなります。トラブルが発生する原因は主にチェーンの絡まりや異物がフロートゴムに引っかかっていることです。

・・・つづきはこちら

トイレの水が逆流したきたとき、慌ててしまうものですが原因や対処法を知っておくと、すぐに解決できるはずです。中には自分で対処できない原因もあるため、業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレが詰まる原因は様々ですが、ペット用トイレの砂が原因で詰まりが発生することも少なくありません。詰まりが悪化すると汚水が逆流してくるため、できるだけ早く対処する必要があります。

・・・つづきはこちら

断水によって一時的にトイレの水が使えなくなることがあります。断水の原因は災害や給水制限、水道管工事、破裂、凍結などがあり、応急処置の方法は、断水の原因によって異なります。

・・・つづきはこちら

バリウム検査はバリウムを飲み、下剤で強制的に出さなければなりませんが、トイレの便器に付着すると落ちにくいです。これからバリウム検査を控えている人は、対処法を知っておくと安心です。

・・・つづきはこちら

トイレにレバーがついているタイプを使用している人も多いでしょう。突然、トイレのレバーが戻らないといったトラブルが発生することがあります。レバーが戻らない原因は主に3つです。

・・・つづきはこちら

トイレットペーパーは水に溶けるため、トイレに流しても詰まることはありません。しかし、流し方を間違えるとトイレが詰まる原因となります。適切な対処法でトイレの詰まりを解消してください。

・・・つづきはこちら

トイレが詰まると便器内の水があふれてくることがあります。汚水があふれてくると床まで汚れてしまうため、できるだけ早く対処したいものです。自分でできる修理方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

ラバーカップなどでトイレの詰まりが対処できない場合は、薬品や洗剤を使ってみてはいかがでしょうか。使用する薬品や洗剤は、トイレのつまりの原因に適切なものを使わなければなりません。

・・・つづきはこちら

突然のトイレのトラブルに慌てることがないように、道具がないときのトイレつまりの対処法について知っておきましょう。お湯とバケツでトイレつまりが解消できる場合があります。

・・・つづきはこちら

トイレの水漏れは、よく発生するトラブルです。トイレの便器と床の隙間から水漏れすることもあります。自分では対処できない原因もあるため、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

アパートやマンションなどの賃貸物件でトイレつまりが発生すると、対処法も変わってくるため、賃貸物件に住んでいる人は、賃貸物件でのトイレつまりの対処法について知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりとなる原因は様々です。中には、トイレットペーパーの芯をつまらせる人も少なくありません。対処法を知っていれば、冷静につまりを解消させることができます。

・・・つづきはこちら

トイレの便器から水漏れしたときの原因は便器そのものの損傷や老朽化をまず疑うべきです。さらに、パイプやタンクからの漏れた水、温水洗浄便座の異常、結露といった可能性もあります。

・・・つづきはこちら

トイレの手洗い管から水が出ない原因は大きく5つあります。どの原因であるのかを調べたうえで適した対応を行えば自分で直すこともできるものの、専用の道具が必要となります。

・・・つづきはこちら

トイレの水漏れ箇所を調べる漏水調査によって多くの場合で水漏れ箇所がはっきりします。さらに、原因を分かっているからこそ、何をすべきかも認識できるため、まず漏水調査から行いましょう。

・・・つづきはこちら

初めてのトイレトラブルで慌てないためにはまず何をすべきかをはっきりさせるのが肝心です。最も重要となるのが被害拡大を防ぐことにあります。専門業者に依頼も視野に入れて対応しましょう。

・・・つづきはこちら

猫砂が原因でトイレのつまったときはまずラバーカップで押したり引いたりして解消できるか試してみましょう。流せる猫砂であっても確実にトイレのつまりが起きないというわけではありません。

・・・つづきはこちら

突然トイレで水漏れが起こったときはまず緊急対応をしましょう。家の水道の元栓を閉めて電気系と水道系のどちらに原因があるのかを調べ、専門業者に依頼しての対応をすべきです。

・・・つづきはこちら

夜中にトイレがつまったときにはまず自宅にあるものかコンビニで購入できるものを駆使して対応していきましょう。トイレのつまりを解消できるものの、排水管のつまりは解消できません。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりに使えるペットボトル活用法はスッポン代わりとなるのが特徴です。簡易的なトイレのつまりの場合は解消できる可能性が高いものの、成功率を高めるためにはコツが必要です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは自分で直すことができる原因や業者に依頼しなければ直らない原因があるため、業者に依頼すべきか判断に迷う人も少なくありません。判断ポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりを解消するためには原因を探り、適切な対処法をしなければなりません。原因の確認手順を知っておくと、スムーズにトイレのつまりの原因を知ることができるでしょう。

・・・つづきはこちら

トイレは日常生活で使用することが多く、その分つまりなどのトラブルが発生しやすいです。トイレつまりを防ぐために、予防法について知っておきましょう。すぐに始められる予防法があります。

・・・つづきはこちら

自分で解決できないトイレトラブルが発生した時は修理業者に依頼しますが、様々な修理業者がいるため、選び方がわからない人もいるのではないでしょうか。業者の選び方のポイントは5つです。

・・・つづきはこちら

トイレがつまった時は原因を探ることから始めますが、初めてトイレのつまりが発生した場合、どのように原因を探るのかわからない人もいるでしょう。3つのチェックポイントがあります。

・・・つづきはこちら

ウォシュレットトイレの水漏れは自分でできる対処法もありますが、簡単に直らない場合は、業者に修理を依頼した方が安心です。業者が来るまでに応急処置として止水栓を閉めておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレトラブルは業者に依頼すると安心ですが、すべての業者が良心的で信頼できるとは限りません。悪徳業者とのトラブル事例を知り、トラブルに巻き込まれないように注意することが大切です。

・・・つづきはこちら

ボールペンが原因でトイレつまりが発生した際の対処法は便器の中に手を入れて取り出すことです。手で取り出すことができないほど奥まで進んでしまった場合は業者に依頼してください。

・・・つづきはこちら

放置したことが原因で、トイレのつまりがひどくなり大掛かりな修理が必要になったということがないように、放置して自然解消される場合とされない場合を見極めることが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりをなおす方法の一つに重曹があります。間違った方法で修理しないように、重曹を使ったなおし方を知っておくことが大切です。この方法でなおらない場合は業者に依頼してください。

・・・つづきはこちら

紙おむつはトイレのつまりとなるため、流してはいけませんが、落としてしまった時はすぐに取り除く必要があります。便器の中に手を入れることに抵抗がありますが、つまる前に取り出しましょう。

・・・つづきはこちら

専用の道具がない場合にも、トイレのつまりはなおすことができます。針金ハンガーなどどの家庭にもあるもので対処することができるため、つまったときは冷静になって修理作業をしましょう。

・・・つづきはこちら

水に溶けるものが原因でトイレつまりを起こしている時は、お湯でなおる可能性があります。お湯を使った方法は簡単ですが、ポイントがあります。ポイントをおさえた上で試してみてください。

・・・つづきはこちら

トイレつまりの修理費用の相場は、症状によって異なります。その理由はつまり具合によって対処方法が異なるからです。症状が悪化する前に業者に依頼すると、修理費用をおさえることができます。

・・・つづきはこちら

トイレがつまったとき、薬剤を使ってみましょう。尿石が原因のときは酸性が効果的です。つまりの原因がわからないときに塩素系の薬剤で効果がなかったときは、尿石が原因であるかもしれません。

・・・つづきはこちら

子どものいる家庭はトイレつまりに注意しなければなりません。いたずらで流すことがあります。まずは何が原因でトイレがつまったのか探ることから始めましょう。放置することはよくありません。

・・・つづきはこちら

繰り返し発生するトイレトラブルは、根本的な原因を対処しなければなりません。トイレのつまりを繰り返す原因は様々です。原因を特定できない場合や、対処できないときは業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが発生した時、業者に依頼しますが選び方がわからない人もいるでしょう。早朝は料金がアップするためできるだけ避けた方がいいですが、予約は早めにしておくことをお勧めします。

・・・つづきはこちら

トイレつまりの原因が木の根であることがあります。排水管に木の根が突っ込んで落ちると、ペーパーや汚物が絡んで症状が悪化します。重症化する前に業者に取り除いて綺麗にしてもらいましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが起きた時の備えて対処法を知っておくのもが大切ですが、間違った方法で直そうとすると余計に悪化してしまう可能性があるため、してはいけないことも知っておく必要があります。

・・・つづきはこちら

日頃から予防策を実践していればトイレのつまりは防げます。流しても問題がない商品でもゴミ箱に捨てるようにしたり、過度に節水しないなど今日からすぐにできる予防策を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

自分で直せないトイレのつまりは業者に依頼しますが、それぞれ設定している値段が異なります。修理とは見合わない高額請求をされないためにも、見積もりの目安を知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが起こる原因の一つに、水流の圧力不足があります。大便の時でも「小」を使っていると圧力不足に繋がり、排泄物やトイレットペーパーをちゃんと流すことができません。

・・・つづきはこちら

トイレを使った後、水位が高くなるという症状を経験したことがある人もいるのではないでしょうか。これはつまりの予兆かもしれません。できるだけ早く対処しなければ、症状は悪化します。

・・・つづきはこちら

トイレつまりが起きた時は軽度な症状の時に対処するのがポイントです。放置すると重度になり修理費も多額になります。また、溢れて床や壁を取り替えなければならないことも少なくありません。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりを直す際、適切な知識がなければ間違った方法を取ってしまい、症状がひどくなる可能性があります。そうならないように、悪化させないためにするべきことを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレは排水路はカーブになっており、便器の中は水が溜まる構造です。下水管からの臭いや虫の侵入を防ぐ役割をしてくれていますが、この複雑な構造が原因でつまりやすいとされています。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりは様子見の時間で、水に溶けるものが原因なのか、あるいは水に溶けないものが詰まっているのかを判断することができます。溶けないものは放置しても直りません。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりを業者に依頼するときは悪徳業者か優良業者かしっかりと見極めることが大切です。見極めるポイントを知り、金銭トラブルなど問題が起こらないように注意してください。

・・・つづきはこちら

トイレつまりを業者に直してもらうときはトラブルを避けるために気をつけなければなりません。避けるために気をつけるポイントは、業者選びと修理作業に入る前の2つのタイミングです。

・・・つづきはこちら

トイレつまりに効果的な道具で定番なのはスッポンとも呼ばれるラバーカップではないでしょうか。いざという時に使えなければ意味がないため、使い方のコツを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

トイレつまりはどの家庭でも発生する可能性があります。意外なものが原因で発生することがあるため、確認しておきましょう。例えばトイレに流しても問題がないとされているものなどです。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが起きた時、便器内の水位が上がって溢れ出てくるイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、低いときもつまりが発生している可能性があるため注意しましょう。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが起きた時に使用するラバーカップは、様々な種類があります。和式用、洋式用、どちらのタイプにも使えるものだけでなく、おしゃれなケースが付いているラバーカップもあります。

・・・つづきはこちら

トイレのつまりが発生した時は、パイプクリーナーというアイテムを使うと効果的です。パイプクリーナーにも洗剤型やワイヤー、真空式などの種類があり、それぞれ対処方法が異なります。

・・・つづきはこちら