水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの水が止まらないときの対処法とは?

現状の確認が第一

トイレの水が止まらないときは、現状の確認を第一としましょう。
まず、トイレタンク内の水位を確認し、標準水位よりも高い場合は標準水位まで下げないといけません。
止水栓を開けて水位を確認するのも大切です。
水位調整を行っても水の流れが止まらない場合は、タンク内のボールタップのバルブの交換が必要です。
標準水位よりも低い場合はフロートバルブが外れている場合や排水便との間に何かが挟まっている場合があり、取り除く必要があります。
ほかには浮き球が機能していない、玉鎖が正常になっていない、ゴムフロートが機能していないなども原因となります。
さらに、単純にレバーハンドルの動きが悪くなっている可能性もないわけではありません。
トイレの水が止まらないときにはこのように原因は多岐にわたっており、簡単に直せるものもあれば専門業者に依頼して対応しないといけないものもあります。
トイレタンクのなかにはさまざまなパーツが詰まっており、ちょっとしたずれによって機能しなくなるのが注意点です。
応急処置をするのは大切ではあるものの、あくまでも応急処置であって根本からの解決にはなりません。

原因を発見するのが難しい

専門的な知識がなく、かつトイレタンクを開けたこともないのであれば、原因を発見するのは難しいといえます。
特に長期間メンテナンスを行っていないのなら、部品の劣化や破損が考えられます。
トイレタンク内のパーツを一式交換することも視野に入れて、専門業者に相談してみるのがよいでしょう。
そして、確実にトイレの水が止まらないのを直すためには専門業者が力強い味方になります。
ご自身で換えのパーツを用意するという方法もないわけではありません。
ただ、具体的にどのパーツを用意すればよいかという問題もあります。
専門業者に依頼した場合は料金がかかってしまうものの、電話やメールで連絡をすれば迅速に対応してくれて確実に直せるのが大きいです。