水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの水漏れで慌てない対処法とは?

トイレの水漏れ原因は3つ

トイレの水漏れ原因は大きく分けると3つあります。
便器からの水漏れ、トイレタンクからの水漏れ、給水や排水パイプといった接合部分からの水漏れです。
本体にヒビが入っている、あるいは便器下部が結露していることが便器からの水漏れの原因となります。
対処法としては、便器からの水漏れ箇所を特定し、結露がある場合は拭くことです。
本体にヒビが入っている場合は防水テープやパテを使っての修理が必要です。
トイレタンクからの水漏れは、タンク内部の部品の劣化や損傷や部品の外れや位置ずれが原因となります。
トイレタンクのフタを開けてチェックし、浮き球が外れているかを確認してみましょう。
また、浮き球につながる各パーツやゴムパッキンなどの部品外れや破損も考えられ、破損している場合はパーツ交換が必要になります。
給水や排水パイプといった接合部分からの水漏れの場合は、パーツの劣化や損傷や緩みが原因です。
パーツの交換あるいは結合部分を締め直すなどすれば改善できます。

専門業者に相談するのが確実

トイレの水漏れの原因は多岐にわたっており、原因が分からないという人もいるでしょう。
また、トイレ自体の劣化が原因となる場合もあります。
どういった原因であってもまずは止水栓を閉めることで被害拡大を防ぐことができます。
ただ、根本的な解決にはならないため、ご自身で対処できるかどうかを確認するのがよいでしょう。
最も確実となるのはやはり専門業者に相談しての対応となります。
急なトイレの水漏れであっても迅速に対応してくれて、どの原因であっても問題ありません。
電話やメールでの相談に対応しており、専門業者に依頼すべきかどうかの判断もしてくれます。
そのうち直すと思って放置してしまうと被害拡大の理由になってしまうため、専門業者に頼るのがおすすめです。
簡単な応急処置はできるようにした方がよいものの、すべての解決にはつながらないことが多いです。