水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの寿命はいつ?交換をすべき時期を見極めよう

トイレにも寿命がある

トイレにも寿命があります。
同じトイレを長年使っていると、交換する時期を見極めるのが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
トイレが故障する前に、寿命について知っておきましょう。
一般的に、陶器製のトイレであれば寿命は100年以上だとされています。
しかし、ヒビが入ってしまうと寿命が短くなります。
また、タンクの中にある部品、パッキン、配管の寿命は約20年とされているため、トイレの便器が故障していなくても、20年に1回は部品などの交換が必要です。
部品の交換と同時にトイレの便器も交換することをお勧めします。
トイレの便器が、まだ使用できるのに交換するのは勿体無いと感じるかもしれませんが、寿命を迎えていなくても年月が経つにつれて汚れやすくなり、傷、黄ばみが目立つ、掃除がしにくくなるのです。
機能的には問題がなくても、生活面での寿命を迎えるため、部品交換の時期に合わせてトイレの便器も交換することを検討してみてはいかがでしょうか。

寿命を迎える前に交換しよう

トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくると言われており、便器の寿命は長いですが、ウォシュレットの不調やトイレタンクの部品が故障した、ということが先に起こることがほとんどです。
多少の水漏れ程度であれば、そのまま放置する人も少なくありません。
しかし、ある日突然、大量の水漏れが発生することがあります。
大きなトラブルに発展する前に、交換する時期をしっかりと見極めることが大切です。
水漏れが発生した時は、水トラブルの業者に依頼することがほとんどですが、その際に交換するべきかどうかを相談してみると良いでしょう。
最近のトイレは節水型が多いため、寿命を迎える前に最新のトイレに交換すると水道代を大きく節約できる可能性があります。
また、メーカーによって素材感、デザイン、操作性が異なります。
トイレの種類をよく比較して、使いやすいものを選びましょう。
トイレは毎日使用するものです。
使いにくいと感じつつ我慢しながら寿命を待つよりも、最新の使いやすいトイレに交換することを検討してみてはいかがでしょうか。
交換時期を見極めるためにも水トラブルの業者に相談してみてください。