水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのタンクに水がたまらないときの対処法

タンク内の異常やトラブルをチェック

トイレタンクに水がたまらないのはタンク内の異常やトラブルが起きているからです。
複数のパーツで形成されているトイレタンクはひとつのパーツでも劣化すると動作がスムーズに働かなくなります。
トイレタンクに水がたまらない原因の多くはパーツの劣化であり、修理しないといけません。
給水経路に置けるつまりである可能性もないわけではありません。
トイレタンクに接続されている給水管に不具合が起きてしまうと、水がタンク内に給水されません。
ほかにはトイレの止水栓が閉まっている、家全体の元栓が閉まっている、断水しているといった原因もありえます。
適切な対処法はどういった原因かによって異なるため、まずは原因を探りましょう。

原因別適切な対処

タンク内にある浮き球、ゴムフロート、ダイヤフラムなどのパーツが劣化している場合は新しいものと取り換えることを視野に入れた方が良いでしょう。
ボールタップのフィルターのトラブルの場合は掃除をすれば解決可能です。
なかにたまっているゴミをまずは取り除いてみましょう。
トイレタンクの水がたまらない理由がトイレ以外にある場合は、確認をすれば原因であるかどうかを判断できるでしょう。
新しいものとパーツを交換する場合は自分で同じ製品を購入できるものの、どれか分からないという人も少なくありません。
最も確実であるのが水道修理業者に依頼することです。
費用はかかってしまうものの、適切な対応であるのは間違いありません。
何が原因であるかによって異なるものの、1万円~2万円以内で済むケースが大半です。
無理に自分で修理しようとして被害が拡大してしまうこともあります。
自分で直せる場合は修理するのはもちろん、難しいと判断した場合は水道修理業者に依頼しましょう。
そのまま放置してしまうと日常生活に支障をきたしてしまうため、原因を探って対応できるかを考えないといけません。