水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりで困ったときに試す対処法とは

簡単にできる方法


トイレつまりが起きると誰でも慌てるものです。
困った経験がある人も多いのではないでしょうか。
何度も経験している人は手慣れたものですが、初めての場合は何をしていいのかわからず、今にも溢れそうになっている便器をただ見ているだけで終わってしまう人も少なくありません。
しかし、対処法を知っていれば冷静に対応することができます。
トイレつまりに困った時のことを考えて、対処法を知っておきましょう。
一つは、お湯を流してみることです。
道具がなくて困ったという人も鍋や電気ポットでお湯を沸かし、注いでみてください。
しかし、熱湯は便器を傷つけてしまうため、必ず40度から60度のぬるま湯を使いましょう。
また、水位が高いと効果が半減するため、バケツなどで量を減らしてください。
注いだ後は30分以上放置をして、またバケツから水を少しずつ流して確認をします。
この時、ボタンやレバーで勢いよく流してしまうと、万が一、解消されていない場合に溢れて被害が拡大する恐れがあるため要注意です。

道具を使ってみよう

ぬるま湯を流しても解決しない場合は、すっぽんを使います。
ホームセンターなどでも販売されているため、手に入りやすいでしょう。
コツはカップの部分が水に浸るくらいまで便器内の水位を調整し、排水路の入り口にぴったりとくっつけたままゆっくり押し付けることです。
勢いをつけて押したり引いたりしても意味がありません。
密封した状態で限界まで押し込んでから勢いよくひっぱります。
これを何度か試したけど改善されないときは業者でも使うことのあるワイヤーブラシを使います。
細長いワイヤーを排水路に差し込んで、詰まったものを少しずつ崩していくイメージで動かしてください。
傷がつかないように丁寧に動かすのがポイントです。
難易度が高いため、無理だと判断したら下手に触らず業者にお願いすることをお勧めします。
また、これらの対処法は水に溶けるものが原因の時しか行ってはいけません。
効果がないだけでなく、トイレつまりがひどくなる可能性があるからです。
原因不明や溶けないものだとわかっているときは業者を呼んで直してもらってください。

0120-441-599
0120-441-599