水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

失敗したトイレつまりの解消方法とは

もう一度チャレンジ


自分でトイレつまりを直そうと、様々な対処法を試してみたけど失敗したという人もいるでしょう。
良かれと思ってやったことが、逆効果になり被害が拡大することもあります。
しかし、失敗したからといって、素人では絶対に直せない訳ではありません。
正しいトイレつまりの解消の仕方を知っておきましょう。
まず、よくある失敗が素人なのに便器を取り外したケースです。
すっぽんを使っても全く解消されないと、さらに高度な方法を実施しなければならないという気持ちになり、工具を使って取り外してしまう人がいます。
基本的に着脱作業は業者が行うものです。
取り外すことはできても、穴に部品を落としたり取り付けられなくなった、隙間が空いて水漏れしたなど別の問題が起きることがあります。
そのため、素人は着脱作業はしてはいけません。
では、どのように対処すべきでしょうか。
まずはすっぽんの使い方を見直す必要があります。

正しい対処法を実践してみよう

すっぽんは、先端が水に浸っていなければ効果がありません。
水位が低ければバケツで足し、多ければすくい取ってください。
ちょうどいい水位にしたら、排水路の入口にカップを当てますが、そのときに勢いよく押し込むのではなくしっかり密着するようにゆっくりと押すのがポイントです。
隙間がない状態で思いっきり引っ張ると水圧で流れていきます。
これを数回試し、最後に確認としてバケツからゆっくり少しずつ流してください。
この方法でも解消されなければ、ワイヤーブラシを使ってみます。
細長いワイヤーを排水路から入れて、詰まっているものを崩していきますが、この時に闇雲にガシガシと激しく動かしてはいけません。
パイプなどを傷つけてしまう恐れがあるため、少しずつ上下、左右に動かすのがポイントです。
また、水に溶けないものがトイレつまりの原因だった場合は、物理的に取り除かなければ解決しません。
間違ったやり方で奥へ進んでしまうと自分では取り除くことができず、それこと便器を外す必要が出てくるため業者に依頼してください。

0120-441-599
0120-441-599