水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

布が原因でトイレつまりが起きたときの対処法とは

布を詰まらせた


トイレつまりが起きる原因は様々ですが、布が詰まってしまうことも少なくありません。
わざと流す人はいませんが、ポケットからハンカチが落ちて気がつかずに流してしまったりお掃除に使った溶けない布を落としてしまったということもあるのではないでしょうか。
また子供がいたずらでパンツを流してしまうこともあります。
布が原因でトイレつまりが起きたら、取り除かなければ解決しません。
ただ便器内に落としてしまっただけであれば、ゴム手袋をはめて取り出せるでしょう。
一番してはいけないことは、無理に流しきってしまおうとレバーを何度も回すことです。
溶けないものは水で流しても意味がなく、奥へ進んでしまうだけです。
手が届かないところで引っかかると便器を取り外すなど大掛かりな修理が必要になり、自分では直せなくなってしまいます。
業者に依頼すると修理してくれますが着脱作業が必要になると修理費も高額になるため、重症化する前にできるだけ早い段階で自分で直せるかどうかを判断することが大切です。

軽度であれば対処できる

一度流してしまっても、つまり具合が軽度であれば自分で対処することができます。
まずは原因のある場所を確認しましょう。
排水管と便器で詰まる2つのパターンがあります。
排水管の場合は針金のようなものを使って引っ掛けて取り出し、便器の中であれば排水路から引っ張り出すか本体を外さなければなりません。
トイレ本体を取り外す作業は素人でも行うことができますが、取り付けるのが困難です。
分解した逆の順番で組み立てていきますが、少しでもずれていると隙間ができて悪臭や水漏れを招きます。
また、穴に部品を落とす可能性もあるため、素人は着脱をしないようにしましょう。
排水管や排水路から針金のようなものを使って引っ掛けて取り除く場合は、ワイヤー式の道具を使うと効果的です。
例えば、ワイヤー式パイプクリーナーやブラシ付き、回転式ワイヤーパイプクリーナーなどです。
ホームセンターでも手に入ります。
自分で直せるのか判断が難しい場合もあるでしょう。
その際は、下手に手を出さずに業者に依頼することをお勧めします。

0120-441-599
0120-441-599