水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの悪臭に対する対処法

トイレの悪臭の原因を探る

トイレの悪臭の原因は大きく分けると下水臭、換気扇、アンモニア臭、排泄物の4つです。
下水臭は下水管からの臭いであり、通常トイレにたまっている水がなければ、下水管から排水パイプを通じて臭いが屋内にまで直結します。
換気扇も換気ダクト内の清掃を行わないと、ダクト内の臭いが悪臭となって屋内に流れ込みます。
また、換気扇のフィルターが機能していない場合もないわけではありません。
アンモニア臭がするのは飛び散り尿が原因となります。
尿素が細菌に分解されると、アンモニアが発生してしまいます。
排泄物の臭いは便器洗浄を行うと換気されて消えるものの、臭いが残ってしまう場合もないわけではありません。
アンモニア臭と排泄物の場合はトイレの室内の床や壁、さらには便器と床の隙間などを洗剤とブラシを使って掃除、あるいは消臭剤や防臭剤を使えば解決できることも多いです。
換気扇の場合はフィルターを機能させてダクト内の汚れを落としてどう変わるかをチェックしましょう。
問題となるのは下水臭がする場合です。

トイレタンク内の不具合の可能性

トイレの悪臭に対する対処法は原因をなくすことが基本となります。
しかし、トイレタンク内の不具合が原因の場合は厄介です。
封水がなくなるのは補助水管がオーバーフロー管から外れているのが原因かもしれません。
ふたを開けて補給水管をオーバーフロー管に差し込み直す必要があります。
洗浄後しばらくして封水が亡くなる場合は、異物が排水管内に引っかかってつまっている可能性もあります。レバーハンドルをまわして洗浄を試みるのはもちろん、吸引カップでつまりを直すことも頭に入れておきましょう。
下手にいじって被害が拡大してしまうことを防ぐのなら、水道修理業者に依頼するのが確実です。
一時的ではなく、根本からの解決を図るのが清潔な空間をたもったうえで気持ちよく使えるトイレにすることにつながります。