水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりをバケツで直す方法とは

スッポンがなくても解決できる


トイレつまりを直す時にどのような道具が必要なのか、わからない人がいるのではないでしょうか。
定番アイテムと言えばスッポンですが、これ以外にも直せる道具があるのです。
一つは、バケツです。
若い夫婦や一人暮らしの家には常備されていないこともありますが、逆にスッポンがない時に活用できます。
万が一の時に備えて、どのように使うのかを知っておきましょう。
バケツで解消できるトイレつまりは、紙類が原因の時です。
トイレットペーパー、お掃除シートなどを一度に多く流してしまい、流れが悪くなった時に効果があります。
しかし、溶けるものが原因の時だけであるため気をつけてください。
オムツや生理用品、ペットのシートなど似たような紙類であっても溶けないように作られているものは、症状を悪化させる原因となるため絶対に試してはいけません。
溶けないものが原因でつまったときには、基本的に取り除くしか方法がないため、自分で除去できない時は業者の力を借りる必要があります。



やり方は簡単


方法は簡単です。
ただバケツに水を入れて便器に注ぐだけで解消されることも少なくありませんが、ポイントがあります。
それは、高さと細さです。
排水路に滞っているものが勢いよく流れてきた水にぶつかって紙類が崩され流れていくという仕組みがあるため、より勢いをつけるために注ぐ位置と流れの細さがポイントになります。
飛び散ると汚いからできるだけ排水口に近い場所から注ぎたいものですが、それでは効果が半減してしまうのです。
奥でつまりを起こしているものに対して、力が伝わるように高い位置から排水口のくぼみをめがけて2、3cmほどの水柱を作るように意識してください。
また、できるだけ便器内の水位は下げておきましょう。
水位が高いと力が届きにくいからです。
不要なペットボトルを使って水位を調節すると良いかもしれません。
注いだら一度、水位が上昇するため便器の半分ほど溜まったら再びペットボトルなどで減らします。
そして、バケツから注ぎ入れるといった作業を何度か繰り返してください。
このような方法でも解消されない時は、業者に依頼すると安心です。

0120-441-599
0120-441-599