水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

流せるお掃除シートが原因でトイレがつまったときの対処法

流せる商品がトラブルの原因になることがある


トイレ掃除する時はブラシで便器をゴシゴシと擦り、最後はお掃除シートで拭いて仕上げ、そのまま便器に流して処分するのが一般的な方法です。
ブラシは比較的、安いものでも高いものでもあまり違いはありませんが、お掃除シートはボロボロになりやすいものがあります。
そのため、分厚く丈夫なものを使っている家庭もあるのではないでしょうか。
また、ボロボロになりやすいものを何枚も使って拭きあげている人もいるはずです。
トイレが綺麗になったとしても、気をつけなければならないことがあります。
それは、つまりです。
なぜ、流せる商品がトイレつまりを起こしてしまうのか疑問に思うでしょう。
丈夫で分厚いもの、薄くても何枚も一度にたくさん流してしまうと、つまりやすくなります。
これまで気にしてこなかったという人も、いつトラブルが起きるかわからないため、対処法を知っておくことが大切です。



簡単に試せる効果的な手法とは


効果的な対処法はいくつかありますが、誰でも簡単にできる方法の一つはお湯です。
40〜60度のお湯を注いで1時間ほど放置し柔らかくするという方法です。
水でも溶けますが、お湯を使った方が溶けやすくなります。
しかし、熱湯は便器を傷める原因となるため、必ずぬるま湯を注いでください。
また、水位が高くなっていると温めたお湯が冷めてしまうため、バケツやいらないペットボトルを使って減らしておくのがポイントです。
この対処法でも直らない時は、重曹とお酢も組み合わせてみてください。
この2つが混ざると炭酸ガスが発生して泡立ち、溶けやすくさせるのです。
順番は重曹の次にお酢です。
注ぎいれたら30分ほど放置して、改善されているか確認しましょう。
薬剤も効果的です。
お湯や重曹などでは改善されなかった時は、ホームセンターでも販売されている排水溝パイプ洗剤を説明書き通りに試してみてください。
このように様々な手法がありますが、どれを試してみても解消されない時は、お掃除シート以外のものが詰まっていることや、すでに悪化しているケースが考えられます。
自分では直せないこともあるため、業者に依頼すると確実です。

0120-441-599
0120-441-599