水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりで便器を外すときには

重症化している場合は


重度のトイレつまりはスッポンやワイヤーなどの道具を使うだけでは直りません。
また、溶けないものが奥へ行ってしまったときも簡単に取り除くことが難しいです。
では、どのように直すのでしょうか。
一つは、便器を外すことです。
トイレが寿命を迎えて古くなったときは、新しいものと交換するために取り外すことがありますが、ひどいつまりが起きたときも着脱作業が必要になります。
近年、DIYとして自分で自宅をリフォームすることや改築する人が増えてきており、素人でもできそうなイメージがありますが、重症化している場合は基本的に自分でやらないようにしましょう。
業者に依頼しなければ、思わぬトラブルが発生することがあるからです。
着脱が必要な修理は依頼費も高くなりがちですが、つまり以外のトラブルが発生するとそれ以上にかかります。
無駄な費用を支払うことがないように、知識と技術のあるプロにお願いすることが大切です。



手順を知っておこう


業者に任せると依頼主は作業を見ているだけで良いですが、適切な修理が行われているかしっかりチェックしておくことが大切です。
もともと取り付けられていたパーツがなかったと言われ、新しく付けるための部品代を請求されたり、便器を外すとすぐに直る症状も不要な作業を追加したりなど、悪質な業者が言いがかりをつけて高額請求されるかもしれません。
そのため、適切に行われているのか確認することが大切なのです。
業者によって手順が少し異なるケースもありますが、基本的には止水栓を閉じてからタンク内の水を全て流し空にすることから始めます。
空にしないまま取り外すと水が溢れてしまうからです。
次にナットで固定された給水管にモンキーレンチを使って取ります。
便座内に温水を通すタイプは給水ホースから外して、便座を分解することになるでしょう。
そして、タンクを撤去して便器の取り外しへと進んでいきますが、タンクと同様に便器も中に溜まっている水をなくさなければなりません。
また、トイレは丈夫そうに見えて壊れやすいものであるため、落下させたりぶつけたりしないか取り扱い方にも注意深く見る必要があります。
このような手順を知った上でプロにお願いしてみてはいかがでしょうか。

0120-441-599
0120-441-599