水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレタンクのパッキン交換

トイレタンクのパッキン交換の手順

トイレの水漏れのトラブルの多くはパッキンの劣化によって起こるものです。
長期間パッキンを使うと劣化してしまい、トイレの水漏れが起こりやすくなります。
このトイレタンクのパッキン交換は水道修理業者に依頼せずとも自分で対応することも可能です。
ゴムパッキン、マイナスドライバー、モンキーレンチ、ピックなどの必要な道具と材料を用意し、まずトイレタンクの水を抜きます。
次に配管を取り外し、パッキンを交換します。
このときプラスチック製ワッシャーが割れていない場合は再利用しても問題ありません。
最後に配管を接続してトイレタンクに水を溜めて水を流して水漏れがなければ作業完了になります。
自分でトイレタンクのパッキン交換ができないわけではないものの、用意する道具と材料の費用と手間の兼ね合いを考えるのなら、水道修理業者に依頼するのがよいと思う人も多いでしょう。
さらに、間違った手順で行ってしまうとさらに被害が拡大してしまうのも注意点です。
万全を期すのであれば、費用がかかってもトイレタンクのパッキン交換を水道修理業者に依頼するのが望ましいです。

水道修理業者に依頼した場合の料金相場

トイレタンクのパッキン交換を水道修理業者に依頼するにあたって気になるのは料金でしょう。
それぞれの水道修理業者によって異なるものの、料金相場は基本料金が5000円~8000円ほどになります。
さらに出張料金が2000円~4000円かかり、使用した部品代もかかります。
パッキンの価格は300円程度であり、大きな経済的な負担とはなりません。
合計して7000円~12000円になると覚えておけば問題ないです。
しかし、注意しないといけないのは水道修理業者によっては必要がない部品交換もして高い金額を請求されることです。
そのため、まずは見積もり依頼をしてかかる費用を把握しましょう。
料金相場に見合っていないのなら別の水道修理業者に依頼すれば良いでしょう。