水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレタンクのチェーンが切れている際の修理方法

トイレタンクのチェーンが切れた場合

トイレタンクのチェーンが切れてしまい、修理をしたいけども、仕組みもわからずあたふたしてしまう方も多いでしょうか。
トイレのタンクの主なパーツはチェーンとレバー、ゴム玉です。
レバーとタンクがチェーンで繋がっているため、レバーを回すと水が流れるという仕組みです。
しかし、タンクのチェーンが切れてしまうとトイレの水が流れなくなります。
チェーンが切れた場合の修理方法を知っておきましょう。
修理方法は主に2つあります。
一つは、チェーンの交換です。
この修理方法は、チェーンが切れたときに用います。
一度、チェーンが切れてしまうと、元に戻すことが困難です。
そのため、新しいチェーンと交換しなければなりません。
二つ目の修理方法は、ゴム玉の交換です。
これは、チェーンが切れていない状態でゴム玉が損傷している場合に用いる修理方法です。
ゴム玉の上のチェーンをつなぐ部分を確認して見てください。
ゴム玉が損傷している場合は、チェーンの交換ではなくゴム玉の交換をすると解決します。

チェーンの交換とゴム玉の交換方法

一つ目の修理方法であるチェーンの交換を行う際は、必ずトイレの止水栓を閉めて、タンク内の水を流してから修理してください。
まずは、レバーハンドルの内側にチェーンを繋ぐ部分があるため、その部分からチェーンを外し、次にゴム玉からも外します。
新しいチェーンをゴム玉に取り付けてからレバーハンドルに繋ぎ、長さを調整します。
チェーンの長さは少し余裕を持たせるのがポイントです。
レバーを回した時に、少し回すだけでは水が流れない長さがベストです。
最後に止水栓を開けて、水がしっかりと流れるかを確認してください。
二つ目の修理方法であるゴム玉の交換も止水栓を閉め、タンク内の水を流してから修理作業をしましょう。
交換するゴム玉は種類があるため、適切なものを選ぶ必要があります。
ゴム玉を引き抜いて新しいものを差し込みますが、差し込んだ後にチェーンを繋いで、トイレの止水栓をゆっくり開けてください。
このように2つの修理方法がありますが、自分で対処できないトイレの故障は修理業者に依頼することをお勧めします。