水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの水が勝手に流れてしまう原因とは

トイレの水が勝手に流れる

誰も触っていなくても、トイレの水が勝手に流れるというトラブルが起こることがあります。
勝手に流れる原因を知らないと不安になるでしょう。
トイレの水が勝手に流れる原因と対処法について知っておくと、安心できるはずです。
原因の一つは、浮き玉やボールタップが故障していることです。
タンク内の部品が劣化していたり、故障していたりすると水が勝手に流れます。
ずっと水が流れているようであれば、浮き玉やボールタップを確認してみてください。
浮き玉やボールタップは給水したり、止めたりする役割がありますがこれらが故障していると水位が上がっているのに水が止まらないというトラブルが発生します。

自分で対処できる原因とできない原因

トイレの水が勝手に流れる故障には、自分で解決できる場合と、業者に依頼をする必要がある場合があります。
まず自分で解決できる原因の1つに、ゴム栓の破損があります。
ゴム栓は、レバーを引いた時にタンク内のチェーンが引っ張られてゴム栓が持ち上げられ、タンク内の水が便器に流れるという仕組みをしています。
タンク内の水がなくなるとゴム栓が閉じますが、ゴム栓が破損していたり、劣化していたりすると、しっかりと閉じられなくなってしまうため、勝手に水が流れるようになるのです。
注意しなければならないことは、浮き玉やボールタップ、ゴム栓には様々な種類があるため、適切なものを選ばなければならないということです。
心配であれば、業者に任せてしまうのも一つの方法です。
また、自動洗浄機能が故障していることが原因であることも少なくありません。
これは、自分で対処することが難しいです。
間違った方法で修理してしまうと、後々不具合が起きたり、症状が悪化したりする可能性があります。
最悪の場合は、火災事故につながることがあるため、電子部分が故障しているときは業者に修理を依頼してください。
このように、トイレの水が勝手に流れる原因は様々です。
原因によって対処法が異なるため、まずは原因を探ることから始めましょう。
原因を特定できない場合や、自分で対処することが困難な場合には業者に依頼すると安心です。