水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの水が逆流する原因とは

トイレの水が逆流するトラブル

トイレの水が逆流したきたとき、慌ててしまうものですが原因や対処法を知っておくと、スムーズに解決できるようになります。
トイレの水が逆流する原因としては、便器の奥で何かが詰まっていることが挙げられます。
排水管の手前に排水路で異物が詰まっていると、レバーを回して水を流しても、水がせき止められてしまうため逆流してしまうのです。
つまりを発生させる異物は様々ですが、大量のトイレットペーパーやペットのトイレ砂、生理用品などが多いです。
この原因を対処する方法は、ラバーカップや重曹、洗剤、お湯を使います。
排水口や排水管内でつまりが発生していることもトイレの水が逆流する原因の一つです。
排水口や排水管内のつまりが軽度であれば、ラバーカップや重曹、洗剤、お湯を使って自分で対処することができます。

自分で対処できないトラブルもある

土砂災害や大雨の時もトイレの水が逆流してくることがあります。
関係ないようなイメージがありますが、土砂災害や大雨が発生するとマンホールに大量の水が流れ込み、正常に汚水が流れなくなるのです。
そのため、家のトイレやお風呂など汚水を排水する時に、マンホールからの大量の土砂や水によって押し戻され、排水口から逆流してきます。
トイレの水を流すとゴボゴボといった音が鳴ったときは、土砂災害や大雨による影響かもしれません。
マンホールに原因がある場合は、自分で対処することができないため、業者や自治体の対応を待つことになります。
このように、詰まっているものによって効果的な道具が異なるなど、自分で対処できないことも少なくありません。
無理やり対処しようとすると、逆流が悪化する可能性があるため、注意が必要です。
症状が悪化する前に、業者に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。
業者は、高圧洗浄や薬剤洗浄、真空ポンプなど専用の道具を使って、逆流を解消します。
作業内容は症状の度合いや、業者によって異なるため確認が必要です。
料金も作業内容によって異なります。
自分で対処できるものかどうかを判断するために、まずは逆流の原因を調べ、必要であれば業者に修理の依頼をしましょう。