水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレにバリウムを流してしまった際の対処法

トイレに詰まりやすいバリウム

健康診断でバリウム検査をすることはよくありますが、そのバリウムがトイレに詰まってしまうことは少なくありません。
バリウム検査はバリウムを飲み、下剤で強制的に出さなければなりません。
そのバリウムは、トイレの便器や排水路に付着すると簡単に取れなくなってしまいます。
また、しっかりとトイレが流れたと思っていても水が白く濁ることもあります。
これからバリウム検査を控えている人は、対処法を知っておくと安心です。
トイレの便器にバリウムを付着させないための対処法の一つに、トイレットペーパーを敷くことが挙げられます。
トイレットペーパーを敷いてバリウムが直接、便器に付着しないようにする簡単な方法です。
しかし、大量にトイレットペーパーを敷いてしまうとトイレが詰まる原因となるため、敷く量には注意してください。


トイレにバリウムが残ったときは

トイレの便器にバリウムが残ってしまったときの対処法もあります。
例えば、割り箸で取る方法です。
大きなバリウムは、水を流しても流れにくいため、割り箸で直接トイレの便器から剥がします。
このとき、割り箸で便器を擦るようにしてしまうと、便器の表面が傷つくため、剥がすようにしてください。
大きなバリウムは割り箸で取りやすいですが、細かいバリウムの場合は、ゴム手袋とブラシを使います。
ゴム手袋で直接バリウムを剥がしたり、ブラシで磨いたりすると効果的です。
この対処法でもバリウムが完全に流れない場合は、ぬるま湯を流しましょう。
お湯がバリウムを溶かしてくれます。
注意しなければならないポイントはお湯の温度です。
熱湯をかけると便器が割れる可能性があります。
45度程度のぬるま湯を流してください。
ぬるま湯でバリウムを流した後、水が白くなる場合は洗浄剤で溶かします。
市販の洗浄剤を使うことで、早くバリウムが流れていきます。
さらにブラシなどで擦ると、便器に付着した残りのバリウムも綺麗に落ちるでしょう。
このように様々な対処法がありますが、どの方法でも対処できないこともあります。
その場合は、自然になくなるまで待つしかありません。
2週間ほどかかることもありますが、毎日、地道に掃除をしているとバリウムが綺麗に流れるはずです。
それでも解決しない場合は業者に相談しましょう。