水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのレバーが戻らないときの原因と対処法とは

レバーが戻らずトイレの水が流れっぱなし

トイレにレバーがついているタイプを使用している人も多いのではないでしょうか。
突然、トイレのレバーが戻らないといったトラブルが発生することがあるため、注意が必要です。
レバーが戻らないと、トイレの水が流れっぱなしになります。
水道代もかかってくるため、レバーが戻らない原因や対処法を知っておきましょう。
レバーを回すと水が流れる仕組みは、レバーを回すことでレバーと鎖で繋がっているタンクの中にあるフロートバルブが持ち上がり、水がタンク下の配管を流れて便器に水を流します。
タンク内の水位が下がっていくのと同時に、ボールタップと繋がっている浮き球が下がり、ある程度の位置まで下がると止水弁が開いて手洗い菅へ流れていきます。
手洗い管から出た水は排水溝を通って再びタンクに戻り、レバーやフロートバルブが元の位置に戻る流れです。
そのため、レバーの軸やフロートバルブとながっている鎖、フロートバルブの根元に異常があると、レバーが戻らなくなってしまいます。
トイレのレバーが戻らないときは、この3箇所を確認してみてください。


レバーが戻らない3つの原因

レバーの軸が折れることが原因でトイレのレバーが戻らなくなった場合は、新しいレバー本体に交換が必要です。
レバー本体の軸に異常がなければ、レバーとフロートバルブを繋ぐ鎖を確認してみてください。
この鎖は経年劣化で傷むため、フロートバルブから外れてしまうことがあります。
また、地震などの影響で外れてしまうことも少なくありません。
特に、鎖が原因でレバーが戻らなくなることが多いため、必ず確認しましょう。
鎖が切れている場合は新しいものと交換をしてください。
鎖にも異常がない場合は、フロートバルブ本体の根元に異常が発生している可能性が高いです。
通常、フロートバルブはオーバーフロー管の根元に繋がっています。
しかし、しっかりと固定されているわけではないため、外れてしまうことや隙間ができることがあるのです。
通常の位置に戻し、繋ぎ直すとレバーが元に戻るようになるでしょう。
主にこの3つが原因でトイレのレバーが戻らなくなりますが、自分で対処できない場合や原因が特定できない場合は業者に依頼することをお勧めします。