水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレットペーパーでトイレのつまりが起きたときの対処法

トイレットペーパーでトイレが詰まった

通常、トイレットペーパーは水に溶けるため、トイレに流しても詰まることはありません。
しかし、トイレットペーパーの流し方を間違えると、トイレが詰まる原因となってしまうため注意が必要です。
主な原因は、トイレットペーパーを一度に流す量が多いことが挙げられます。
一般的に、トイレットペーパーの使用量は一人当たり1ヶ月で3、4ロールです。
それ以上使用している場合は、詰まる可能性があります。
また、ダブルトイレットペーパーを使っている場合は、半ロールほどでトイレのつまりを発生させることも少なくありません。
節約を兼ねてトイレットペーパーの使用量を見直すことも大切なことではないでしょうか。
トイレットペーパーの使用量に注意をしていても、水の圧力が不足していると詰まることがあります。
突然、トイレが詰まってしまうと焦ってしまうものですが、対処法を知っておくと安心です。


お湯を使って対処

トイレットペーパーが原因でトイレが詰まった時の対処法としては、お湯で溶かすことが挙げられます。
詰まった状態でレバーを何度も回して無理に流そうとすると、便器から溢れ出してくることがあるため、注意してください。
お湯で溶かすとき、まずは便器に溜まっている水を取り除きます。
次に、40度〜60度ほどのお湯を便器に流し込みます。
お湯の温度が熱すぎると、便器そのものを傷めてしまうため、60度以上のお湯を流してはいけません。
お湯を流した後は、1時間ほど放置します。
次第にトイレットペーパーがふやけていくため、レバーを回して詰まりが解消されたか確認しましょう。
1度でつまりが解消されない場合は、再びお湯を流してみてください。
ポイントは高い位置からお湯を流し込むことです。
大量のお湯を勢いよく流すと便器内の水位が上がり、外に溢れ出てしまうことがあります。
お湯が冷めない程度に数回に分けて流し込むと良いでしょう。
お湯を使ってもトイレの詰まりが解消できないときは、ほかの対処法を試すか業者に依頼するしかありません。
適切な対処法でトイレの詰まりを解消してください。