水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

賃貸物件のトイレがつまったときの対処法とは

気をつけたい賃貸物件のトイレトラブル

トイレつまりは、いつ発生するかわかりません。
これまで普段通りに使えていたのに、突然、つまってしまったということもあります。
アパートやマンションなどの賃貸物件でトイレつまりが発生すると、対処法も変わってくるため、賃貸物件に住んでいる人は、賃貸物件でのトイレつまりの対処法について知っておくことが大切です。
賃貸物件でトイレつまりが発生したとは、まず、自分でできる対処法を実践してみてください。
例えば、ラバーカップなどの道具を使ったり、洗剤やお湯を流してみたりなどの対処法です。
つまり具合が軽度であれば、自分で解消することもできるでしょう。
しかし、無理につまりを解消しようとすると症状が悪化することや、便器を破損させてしまう可能性があるため注意が必要です。


被害が拡大する前に業者に修理を依頼しよう

自分で対処できないトイレのつまりだと判断したら、すぐに業者に修理してもらいましょう。
賃貸物件でトイレのつまりを放置していると、他の住人に迷惑をかけてしまうことがあります。
特に、上層階に住んでいる人は、下の階まで水漏れしてしまったなどの二次被害が発生するかもしれません。
トイレの修理費だけでなく、賠償責任が発生することがあるため、できるだけ早く修理してもらうことが大切です。
完全につまっていない状態でも、そのまま使い続けていると、悪化してしまうことも少なくありません。
つまり具合がひどいと、修理費用も高くなるため症状が軽いうちに対処しておくことをお勧めします。
また、自分でつまりを解消したのに、すぐに再びつまりが発生した場合も注意が必要です。
つまりが緩和されただけで、根本的な原因を解決できていない可能性があります。
業者であれば、トイレつまりの原因を特定し、しっかりと対処してくれるため安心です。
しかし、賃貸物件の場合は勝手に業者に依頼することはせず、大家か管理会社を通さなければなりません。
賃貸物件によって契約内容が異なりますが、自己判断で業者に修理をしてもらうと、負担しなくてもいい修繕費を支払わなければならない可能性があります。
まずは賃貸物件の大家、管理会社に連絡をしてから業者に修理を依頼しましょう。