水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレットペーパーの芯が原因でトイレがつまったときには

トイレットペーパーの芯は水に溶けない

トイレのつまりとなる原因は様々です。
中には、トイレットペーパーの芯をつまらせる人も少なくありません。
誤まって落としてしまうことや、子供がいたずらで流してしまうこともあるでしょう。
トイレットペーパーの芯を落としてしまった時、慌ててしまうものですが対処法を知っていれば、冷静につまりを解消させることができます。
してはいけないことは、トイレの水をそのまま流すことです。
トイレットペーパーは水に溶けますが、芯は溶けません。
そのまま水に流してしまうと、奥に流れ込み深刻なトイレつまりに発展してしまうのです。
そのため、拾えるのであればすぐに拾ってください。
見えないほど奥に進んでしまった場合は、ゴム手袋などをして直接、便器に手を入れて取るようにしましょう。


道具を使って芯を取り除こう

手で拾うことができない場合は、ラバーカップを使うと芯を取り除くことができるかもしれません。
すでにトイレつまりが発生し、水位が上がりすぎているときはバケツなどで汲みとります。
逆に水位が少なすぎるときは、少し足してください。
適切な水位に調節したら、ラバーカップを排水口に押し込んで、勢いよく引っ張ります。
一度では上手くいかないことがあるため、数回繰り返すといいでしょう。
真空ポンプクリーナーを使う対処法もあります。
排水口のサイズに適切な真空ポンプを使うと、トイレットペーパーの芯が取れることがあるのです。
ラバーカップや真空ポンプクリーナーでも、つまりが解消されない場合は、ワイヤー式パイプクリーナーを使うと良いでしょう。
この対処法は、自分でできる最終手段です。
つまりが発生している部分までワイヤーを差し込み、芯を取り除きます。
無理にワイヤーを差し込むと、トイレットペーパーの芯も奥の方へ押し込んでしまうことになるため注意が必要です。
このような対処法でもトイレつまりが解消されないときは、業者に依頼しましょう。
トイレのつまりを放置すると、症状が悪化する可能性があります。
できるだけ早く対処するためにも、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。