水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの便器が水漏れしたときの原因とは

トイレの便器が水漏れしたときの原因をチェック

トイレの便器が水漏れしたときはまず原因を調べないといけません。
最も疑うべきは便器そのものに問題がある場合です。
便器が損傷あるいは老朽化してしまう場合があります。
パイプやタンクから漏れた水が便器をつたって流れていることもないわけではありません。
結露をトイレの便器から水漏れしたと勘違いしてしまう場合もあります。
温水洗浄便座の異常という可能性もあるため、ノズル部分から水滴が落ちていないかを確認しましょう。
便器から水漏れをしてしまうと、トイレが使えません。
湿気で床が腐っていき、カビも発生します。
集合住宅の場合は階下の部屋に迷惑をかけてしまいかねないため、早めに専門業者に依頼しての修理を心がけましょう。


自分でできる便器の修理方法

トイレの便器から水漏れしている場合、必ずしも専門業者に依頼して修理をしないといけないわけではありません。
原因の箇所を見つけたら自分で直すことも考えた方がよいでしょう。
レンチでバルブやナットを締めることによって解決できる場合もあります。
パッキン交換も同じ製品を購入して用意すれば、止水栓を閉めたあとに分解して直すことができます。
便器のヒビが小さい場合は交換する必要はなく、パテで埋めることで塞ぐことが可能です。
結露とトイレの便器から水漏れの勘違いしてしまった場合は、できるだけ温度差を少なくするために換気を心がけましょう。
便器から水漏れを放置してしまうと被害拡大につながる恐れがあります。
自分だけの問題ではないからこそ、迅速に対応するのが望ましいです。
手間がかかることなく自分で直すことができることもありますが、専門業者に依頼しないといけない場合もあります。
自分で直そうとしてかえって被害が拡大してしまうと考える場合はしっかり専門業者に相談をしたうえで判断した方がよいでしょう。
自分で直すことに自信がなければ迷わず業者に相談することをおすすめします。