水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレの手洗い管から水が出ない原因とは

トトイレの手洗い管から水が出ない原因は5つ

トイレの手洗い管から水が出なくなった場合、5つの原因が考えられます。
止水栓が閉められている状態なら水は出ません。
異物が動作を妨げている、あるいは錆びついて給水できない場合もあります。
フィルターに異物が混入している、ホコリやカルキが蓄積されているのなら掃除をしないといけません。
ダイヤフラムという器具の劣化によってトイレの手洗い管から水が出ない場合もあります。
長年使用しているとジャバラホースが破損してしまうこともあり、給水できない理由になります。
浮き球が下がっていないと水が流れず、金具が絡まっていないかチェックすべきです。
トイレの手洗い管から水が出ない原因は大きく5つの原因があります。
自分で修理をする場合はゴム手袋、雑巾、バケル、ハブラシなどを用意するとともに、ウォータープライヤーやモンキーレンチなどの専用の道具も必要です。
道具を用意するのでも費用がかかるため、まず専門業者に依頼しての対応も考えた方がよいでしょう。


修理代金やアフターサービスの内容を比較

専門業者に依頼してトイレの手洗い管から水が出ないのを解消する場合、修理代金やアフターサービスの内容を比較するのが重要です。
基本工事料金、部品代、出張費などを総合してどの専門業者に依頼すべきかを考えるのはもちろん、アフターサービスについても事前に確認しておいた方がよいでしょう。
専門業者に依頼する前に見積もり依頼をするのも大切です。
複数の業者から料金やサービスなどの要素をかんがみて適した選択ができる理由になります。
トイレの手洗い管から水が出ない原因を調べ、自分で直すこともできないわけではありません。
しかし、慣れていない方が対応するとかえって被害拡大になる可能性もあります。
まずは自分で直すことができるか試し、難しいと判断した場合は無理をせずに専門業者に依頼しましょう。