水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

初めてのトイレトラブルで慌てないために知っておくこととは

トイレトラブルが起こったときにまずすべきこととは

トイレトラブルが起こったときはまず被害拡大を防ぐのが肝心です。
自分のみならず、周辺住人にまで迷惑をかけてしまう可能性も秘めているためです。
元栓と止水栓を閉めるのが先決となります。
トイレトラブルが起こった原因を調べ、軽度の場合は自分で修理することもできます。
タンクのフタを外して金属パイプ、蛇腹ホース、ゴムホースにちゃんと接続されているかを確認しましょう。
ゴムフロートやボールタップも同じように確認し、オーバーフロー管は亀裂が入っていないかに注目してください。
自分ではどうにもできないと判断した場合は専門業者に依頼することになります。
見積もり依頼をすれば、どれぐらいの費用となるかを確認できるため、複数の専門業者と比較検討するのがよいでしょう。
注意点となるのは見積もりが無料であるか、依頼しない場合の出張料やキャンセル料の確認です。
トイレトラブルが起こったときには保険金の請求も忘れずに申請しましょう。
どこまで補償してくれるかを確認すれば、保険金をもらい損ねることはなくなります。
時間の経過とともに保険の請求が難しくなるのも覚えておいた方がよいでしょう。


乾燥除菌の重要性について

自分で直すあるいは専門業者に依頼してトイレトラブルが解決したとしてもまだ安心してはいけません。
水漏れの規模が大きい場合、床下にまで水が漏れてしまい、床材が湿ったままになっている場合があります。
専用の機材を使って木材を除菌や乾燥させる乾燥除菌を行うことで、シロアリ被害や大量のカビが繁殖してしまうのを防ぐことができます。
乾燥除菌は水道修理業者の管轄ではないため、ハウスクリーニング業者に依頼しないといけません。
トイレトラブルは二次被害につながることも少なくないことを把握しておくだけでも、何かあったときに冷静に判断することができます。
被害を少しでも食い止めるためにはまず何をしないといけないかを冷静に考えることを意識しましょう。