水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

夜中にトイレがつまったときの対処法とは

夜中にトイレがつまったときの適切な対応

夜中にトイレがつまったときは適切なアイテムを購入しにくいものです。
さらに、専門業者に依頼しての対応もできない場合も多いです。
そのため、自宅にあるものやコンビニで購入できるもので対応するのが基本となります。
お湯とバケツを使う場合はお湯を少し高い位置から便器内にゆっくり注ぎ、複数回繰り返して1時間程度放置してふやかして水が流れるかを確認しましょう。
重曹とお酢とお湯を使う場合は重曹をカップ1/4量トイレの中に入れてお酢を100mlも入れます。
そして、最後にお湯を入れて泡立ったのを確認して1時間程度放置しましょう。
ビニール袋を2枚重ねてゴム手袋をはめて手をトイレの排水口に入れる方法もあります。
自分の手をすっぽんと同じく活用していく方法です。
排水口に手を密着させて隙間ができないようにするのがコツです。
針金ハンガーを使う方法も同じく輪っか状に曲げて奥に突っ込んでいく方法となります。
このように、夜中にトイレがつまったときにも適切な対応を行うことで解決できる場合も少なくありません。
慌てることなくまずは自分ですぐにできる対処法を試してみましょう。


夜中に専門業者に依頼する場合の注意点とは

自宅やコンビニで購入できるものでトイレのつまりを解消できる場合もあるものの、排水管でつまりが起こっている場合は専門業者に依頼しないと直りません。
まずは自分でできる対処法を駆使し、ダメだったときには専門業者に依頼することを念頭に置いた方がよいでしょう。
注意点となるのは専門業者ごとに夜間料金や早朝料金が異なることです。
見積もり依頼だけでも夜間料金や出張料金がかかる専門業者もあります。
調整作業だけなら基本料金が4000円、作業費は4000円が目安となります。
専用の器具を使用するか、部品交換が必要であるかといった違いで料金は大きく異なるため、まずは料金を確認した方がよいでしょう。
被害が拡大しないよう、落ち着いて対応しましょう。