水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりに使えるペットボトルの活用方法とは

急なトイレのつまりに使えるペットボトル活用法とは

トイレのつまりはいつ起こるか分からないトラブルであり、専用の道具や薬剤を常備しておくべきです。
しかし、何も常備されていない場合はトイレつまりが起こる可能性もないわけではありません。
急なトイレのつまりに使えるペットボトル活用法は覚えておいて損はないです。
まず空のペットボトルを用意し、底から3㎝を切り取ります。
飲み口のフタを外して加工したペットボトルを便器に突っ込むと水が出てきます。
そして、ペットボトルの押し引きによって水が勢いよく流動し、ラバーカップと同様の働きをするものです。
トイレのつまりの原因を水流で押し流してくれます。
スッポンはトイレのつまりの解消アイテムとして認知されているものの、一般家庭では持っていない場合も少なくありません。
ペットボトルを活用してスッポンの代用品とする方法であり、すぐに実践できます。
お湯を先に配管のなかに流しておけば異物が柔らなくなってつまりを解消しやすくなります。
低コストでトイレのつまりを解消できる可能性を秘めており、まずは試してみるだけの価値があるのは間違いありません。


トイレのつまりが直らない場合は専門業者に依頼

ペットボトル活用法は急なトイレの詰まりに使える方法であり、スッポンがなくても問題ありません。
しかし、あくまでも簡易的なトイレのつまりしか解消できません。
無理に直そうとして便器や配管を壊してしまう可能性もないわけではなく、どうしても直らない場合は専門業者に依頼しての対応が望ましいです。
ペットボトル活用法のウィークポイントになるのは、成功させるためにはコツが必要であることです。
つまっているものが流れると成功であるものの、位置づけとしては最終手段となります。
トイレのつまりが簡単に解消できるかどうかはそのとき次第であるため、確実性を考えるのならまずは専門業者に相談するのが望ましいといえます。