水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまった時に業者に依頼するべきかどうかの判断の仕方とは

原因を探そう


トイレのつまりの原因は様々です。
自分で直すことができる原因や業者に依頼しなければ直らない原因があるため、トイレがつまった時に業者に依頼すべきか判断に迷う人も少なくありません。
業者に依頼しなければならない原因であるのに、無理に自分で直そうとするとつまりが悪化する可能性があります。
スムーズにトイレのつまりを解消させるためにも、業者に依頼するべきかの判断ポイントを知っておきましょう。
まずは、トイレに何がつまっているのか、どれくらいつまっているのかを確認してください。
この時、目で確認するだけで水を流したり道具でつまったものを取り出そうとしてはいけません。
トイレットペーパーなど、水に溶けるようなものが原因であれば自分でトイレのつまりを解消させることが可能です。
トイレットペーパー以外の異物がつまっている場合は、業者に依頼してください。

ものがつまっていない場合は業者に依頼



何もつまっていないようであれば、便器内の水位を確認します。
水位が上がっているかがわからない場合は、バケツに水をくんで少しずつ流し、ちゃんと流れるかを確認してみてください。
この際に、異音や異臭がないかの確認もします。
他には、トイレのタンク内を確認し、それぞれのパーツが正確な位置にあるかを見ます。
これらの場所を確認しても原因がわからない場合は業者に依頼してください。
原因がわからないトイレのつまりは、つまり具合がひどかったり、電子部品の故障が考えられます。
特に、トイレにものをつまらせていないのにつまっている場合は、トイレタンクなど周辺設備にトラブルがある可能性が高いため、下手に手を出すと症状が悪化することがあるため注意してください。
また、排水管に原因があることもあるため、業者へ依頼したほうが安全につまりを解消させることができるでしょう。
割れている便器がつまった、タンクに水が溜まらない場合は早急に業者に依頼する必要があります。
割れた便器を使い続けるとトイレつまり以外のトラブルに繋がります。
タンクに水が溜まらない場合は、水道管が破裂していることがあるため、自力で解決することができません。
自分で修理作業を行う前に、しっかり判断することが大切です。

0120-441-599
0120-441-599