水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの確認手順を知っておこう

確認手順を知っておこう


トイレは日常生活に欠かせない設備であるため、トイレがつまったときはできるだけ早く解決したいものです。
トイレつまりを解消するためには原因を探り、適切な対処法をしなければなりません。
原因の確認手順を知っておくと、スムーズにトイレのつまりの原因を知ることができるでしょう。
確認手順の一つ目は、どのようなものがトイレに詰まっているかです。
トイレットペーパーやティッシュペーパー、トイレ用お掃除グッズ、固形物、ペット用のトイレ砂など様々なものが原因でトイレのつまりを発生させます。
つまっているものによって適切な対処法が異なるため、必ずはじめに確認しておきたいポイントです。
何がつまっているか確認できたら、どの程度詰まっているのかを確認してください。

特定できない原因もある




確認手順の2つ目は、便器内の水位です。
普段より水位が高い、低い場合は排水口や排水管がつまっている可能性がありますが、水位が確認しにくい場合はバケツやペットボトルに水をくんで、少しずつ流してみてください。
この時に、異音や異臭があるかどうかの確認もしましょう。
確認手順の3つ目は、トイレのタンクです。
トイレタンクの中にあるパーツや水の状況によって、対処法が異なります。
中には、節水のためにペットボトルを入れている人もいるでしょう。
このペットボトルが原因でトイレのつまりを発生させている可能性があります。
ペットボトルを取り除くと、トイレつまりを防ぐことができるため、他の方法で節水をしてください。
主に3つの確認手順がありますが、素人では原因を特定できないことも少なくありません。
原因がわからないまま、つまりを直そうとすると逆効果になる可能性があります。
原因がわからない場合はトラブルが大きくなる前に業者に依頼することが大切です。
また、水に溶けないものや異物が原因である場合も自分で直そうとせずに、業者に依頼してください。
業者に依頼すると被害の最小化、早期解決に繋がります。
まずは原因の確認をし、どのようなトラブルが発生しているのかを業者に伝えましょう。