水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまらないための予防法について

トイレのつまりが発生する前に


トイレのつまりを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。
日常生活でも使用することが多い設備であるため、その分、つまりなどのトラブルが発生しやすいです。
トイレのつまりが発生した際、適切に対処することも大切なことですが予防も欠かせません。
何度もトイレのつまりが発生することがないように、予防法について知っておきましょう。
すぐに始められるトイレつまりの予防法があります。
1つ目の予防法は、トイレットペーパーの量に気をつけることです。
トイレつまりの中でも、トイレットペーパーの流しすぎが原因であることが多いです。
トイレットペーパーは水に溶けますが、一度に大量のトイレットペーパーを流すと沈殿してしまいます。
必要最低限の量を心がけてください。
使用量が多い時は、2、3回に分けて流すとつまりにくいです。
小さな子供がいる家庭は、いたずらで大量にトイレットペーパーを流すことがあるため注意してください。

すぐに始められる予防法



予防法の2つ目は、レバーの使い分けです。
水洗トイレには「大」と「小」のレバーがあります。
節約のために、いつも小レバーばかり使っている人もいるのではないでしょうか。
「大」は大便、「小」は小便用に計算されてつくられているため、しっかりと使い分けてください。
予防法の3つ目は、トイレに固形物を持ち込まないことです。
胸や腰にあるポケットにスマホやペンなどを入れている人が多いですが、トイレの便器内に落としてしまうことも珍しくありません。
また、自宅のトイレに小物を置かないことも予防法のひとつです。
ちょっとしたスペースに小物を飾りたくなるものですが、トイレに落ちてしまう可能性があります。
トイレ掃除に使う道具や、消臭剤などは仕方ないことですができるだけトイレ周辺に小物を置かないように心がけましょう。
予防法の4つ目は、トイレに流せるグッズもゴミ箱へ捨てることです。
お掃除シートや赤ちゃんのお尻拭きはトイレに流すことができますが1枚でも重みがあるため、注意しましょう。
このように、すぐに始められる予防法がたくさんあります。
トイレのつまりが発生する前に、心がけてみてはいかがでしょうか。