水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまったら原因を突き止めよう!チェックすべき3つのポイント

トイレのつまりは原因を探ろう


トイレがつまった時は、原因を探ることから始めます。
しかし、初めてトイレのつまりが発生した場合、どのように原因を探るのかわからない人もいるのではないでしょうか。
原因を探る際に、3つのチェックポイントがあります。
3つのチェックポイントを知っていれば、スムーズに原因を探ることができるでしょう。
1つ目のチェックポイントは、いつからトイレがつまったのかです。
トイレつまりの症状がいつから出たのかを確認することで、便器に原因があるのか、排水管にトラブルが発生しているのかなどを判断することができます。
例えば、前触れなく突然トイレがつまった時は、便器に原因がある可能性が高いです。
水の流れ方が少し前から悪かったり、以前からゴボゴボとした音が鳴っていた場合は、便器以外に問題がある可能性が考えられます。

おさえておきたいチェックポイント


2つ目のチェックポイントは、何を流したかです。
トイレットペーパーの量に問題がなく、異物などを流した覚えがない場合は、便器以外に原因があります。
トイレットペーパーを大量に流してしまった場合は、しばらく放置すると自然につまりが解消されるかもしれません。
トイレットペーパーだけでなく、トイレ用お掃除シートや赤ちゃんのお尻拭きなど水に溶けるものも時間を置くとつまりが解消させる可能性があります。
ティッシュペーパーなど、水に溶けないものを流してしまった場合は、便器にトラブルが発生している可能性が高く、業者に依頼しなければ解決することができません。
3つ目のチェックポイントは、頻度です。
頻繁にトイレのつまりを繰り返している場合は、異物が原因である可能性が高いです。
ペンなど細いものは、水が流れるスペースがあるためつまっているように見えません。
しかし、異物がつまっている状態でトイレットペーパーを流すと異物に引っかかり、トイレつまりが繰り返されるのです。
何度も繰り返し起こるトイレのつまりは、できるだけ早い段階で業者に依頼することをおすすめします。
この3つのチェックポイントをおさえ、原因を探ってみてはいかがでしょうか。

0120-441-599
0120-441-599