水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

ウォシュレットのトイレが水漏れしたときの対処法について

水漏れトラブルが発生した時の応急処置


ウォシュレットトイレを設置している家庭も多いのではないでしょうか。
非常に便利なウォシュレットトイレですが、水漏れトラブルが発生することがあります。
水漏れは自分で対処することが難しいトイレトラブルであるため、業者に修理を依頼しなければなりません。
しかし、業者が修理に来るまで時間がかかることもあります。
その場合は、水漏れの応急処置をしましょう。
突然の水漏れも対処法を知っていれば、慌てることなく冷静に応急処置ができるはずです。
まずは、ウォシュレットトイレから水漏れが発生している場所を特定します。
トイレタンクから水漏れしている場合は、水の元栓である止水栓を閉めてください。
ウォシュレットトイレで最も水漏れが発生しやすい場所はトイレタンクです。
止水栓を閉めて、便器への給水を止めましょう。
ウォシュレットから水漏れしている場合も止水栓を止めます。
ウォシュレットトイレは電化製品であるため、コードやコンセントに水がかかると感電や火事につながる可能性があります。
被害を最小化するためにも、まずはじめに止水栓を止めて業者が来るのを待ちましょう。

自分でできる対処法もある




タンク内のパーツがずれていたり、緩んでいる、劣化している場合は、自分で対処することができます。
パーツを正しい位置に戻し、緩んでいるパーツがあれば締め直しましょう。
また、ホームセンターでもパッキンなどのパーツが販売されているため、自分で交換することも可能です。
原因がトイレ自体の破損であったり対処法がわからない場合は、無理に手を出さず、業者に依頼することをおすすめします。
タンク内にあるフロートというパーツを曲げて水漏れを止めようとする人がいますが、一時的に止まるだけで根本的な解決にはなりません。
症状が悪化する可能性もあるため、パーツを自分で曲げることはしないでください。
ネジやボルトの緩みであれば、工具を使って自分で締め直すことができるでしょう。
その際に、他のパーツも劣化していないか確認をしてください。
このように自分でできる対処法もありますが、簡単に直らない水漏れは業者に依頼した方が安心です。

0120-441-599
0120-441-599