水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりは自然解消するのか?

放置すると直る?直らない?


トイレがつまった時、見て見ぬ振りをしたくなるものです。
自分で対処できる場合も、修理に手間と時間がかかり、汚れ作業が嫌な人も少なくありません。
また、修理業者などのプロに依頼する際もお金がかかるため、できるのであれば自然解消してもらいたいと考える人が多いのではないでしょうか。
原因によっては、時間を置くと症状が悪化するかもしれません。
放置したことが原因で、つまりがひどくなり大掛かりな修理が必要になったなどということがないように、放置して自然解消される場合とそうならない場合を見極めることが大切です。
自然解消できない場合の多くは、水では溶けないものがつまったときです。
ティッシュや生理用品、スマホ、ボールペンなどが原因であれば、放置しても自然に解決されることはありません。
水に溶けるものでも、溶けにくければつまる可能性があります。
例えば、赤ちゃん用お尻拭きです。
メーカーによって流せるタイプが販売されていますが、中には水に溶けにくくつくられているタイプがあります。
このような物がつまった時には、放っておいても直らないため、業者に依頼をするか自分で除去しなければなりません。

自然解消できる原因とは

自然解消できる場合は、水に溶けるものが原因な時だけです。
トイレットペーパーやペットの排泄用の砂などが挙げられます。
これらは、時間が経てば水に溶けて、つまりが解消されるでしょう。
トイレットペーパーを流したことによってつまりが発生した時は、数時間ほど放置すると解消される場合があります。
しかし、大量のトイレットペーパーが原因でつまった場合には、自然に解消されるケースは少ないです。
また、ペット用のトイレ砂でも水で固まるものもあります。
そのため、流しても問題ないとされているものでも、便器内の水を吸い込み、粘土のように大きな塊となることも少なくありません。
できるだけ流さずにゴミ箱に捨てるなどの処分方法を用いることが大切です。
放っておいたことが原因で排水管の交換や大規模な水漏れが発生することがないように、費用はかかりますが早い段階で業者に連絡してください。

0120-441-599
0120-441-599