水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりを針金ハンガーでなおす方法とは

トイレつまりを解消させる針金ハンガー


トイレのつまりは、道具を使ってなおすことができます。
例えば、すっぽんやパイプクリーナーです。
何度もトイレのつまりを経験している人は、これらの道具を持っているのではないでしょうか。
しかし、初めてトイレがつまった場合には、道具がないと慌ててしまうものです。
トイレトラブルは冷静に対処することが大切です。
慌てて水を流しいれることや、無理に押し込もうとすると、つまりが悪化します。
道具がない場合にも、どの家庭にもあるもので対処することができるため、つまったときは冷静になって修理作業をしましょう。
どの家庭にもあるものでトイレのつまりを解消できるものとは、針金ハンガーです。
100均一ショップにも販売されているため、手に入りやすいです。
針金ハンガー1つあれば、対処することができます。

針金ハンガーの形を変えて使う

針金ハンガーは、自分で簡単に形を変えることができる便利なアイテムです。
力のない人でも折り曲げることができるでしょう。
まずは、針金ハンガーをまっすぐになるように伸ばしてください。
先の方は、排水管に入るほどの丸い形に曲げます。
反対の方は少しだけ曲げて持ちやすくするのがポイントです。
曲げて形をつくったら、丸く曲げた方を排水管に入れます。
上下左右に動かしながら入れていくと、つまっている原因の部分にあたるはずです。
トイレットペーパーやペット用トイレ砂など、水に溶けるように作られているものであれば、針金ハンガーをあてて崩していきましょう。
原因を細かくするとつまりが解消されます。
しかし、トイレに流してはいけないものであれば針金ハンガーの先端に引っ掛けて取り出してください。
原因を小さくして取り出すことができれば、徐々に水が流れていくはずです。
いきなりレバーを回して水流すのではなく、バケツに水を入れて少しずつ流し、解決されたかどうか確認しましょう。
このような方法で対処することができない場合は、業者に相談する必要があります。
特に、トイレに流してはいけないものが原因である場合は、早急に取り出さなければならないため、排水溝の奥へ進んでしまう前に業者に取り出してもらってください。

0120-441-599
0120-441-599