水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりを修理する時の相場について

修理費用の相場について


トイレのつまりを自分でなおすことができない時は、業者に依頼する必要があります。
その場合、修理費用がどのくらいかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。
できるだけ費用をかけずに修理したいものです。
修理費用の相場は、つまり具合によって異なります。
その理由は、つまり方の症状によって適切な対処方法が異なるからです。
大掛かりな修理が必要になればその分、料金が高くなります。
一般的に、トイレのつまりが軽ければ5000〜7000円ほどが相場です。
中度のつまりであれば10000〜18000円、大掛かりな修理が必要になるほどの症状だと10000〜50000円が相場だとされています。
このように、修理費用の相場には幅があります。
症状が悪化する前に業者に依頼すると、修理費用をおさえることができるでしょう。

自分でなおした場合の費用

つまりの症状が軽い場合には、自分で直せることもあります。
例えば、すっぽんやパイプクリーナーを使ってつまりを解消する方法です。
市販で手に入れることができる道具を使えば、修理代は安くなります。
費用は1000〜1500円ほどで手に入るでしょう。
重曹やクエン酸を使う方法では約200円で、お湯を使う方法ではお金はかかりません。
トイレのパーツを交換するとなおる原因であれば、500〜5000円ほどで済みます。
しかし、症状が重度な場合や、水に溶けないものが原因である場合は、自分でなおすことができないため、業者に依頼しなければなりません。
また、無理に対処しようとすると、症状が悪化して大掛かりな作業が必要になることがあります。
手間と時間をかけたのにも関わらず、高額な修理費用を支払わなければならなくなったというケースもあります。
中には、便器の交換が必要になることもあるでしょう。
便器の交換になると、本体を購入しなければならなくなるため、高額になる傾向にあります。
無駄な時間や労力、費用をかけずに確実になおしてもらえる業者に依頼したほうが安心できるのではないでしょうか。
業者によって料金が異なるため、確認をしてから依頼しましょう。

0120-441-599
0120-441-599