水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりを解消する薬剤とは

薬剤の種類を知ろう


水に溶けるものがトイレにつまったとき、薬剤を使うと自分でもなおすことができます。
薬剤はドラッグストアやホームセンターで売っているため、簡単に手に入れることができるでしょう。
しかし、様々な種類が販売されているため、どれが効果的であるかわからないものです。
選び方は、トイレつまりの原因や、便器の構造によって異なります。
例えば、尿石が原因であるときは酸性の薬剤が効果的です。
小便器タイプは、尿石が原因でトイレのつまりが発生することが多く、突然、水が流れなくなるなどの症状を引き起こします。
酸性が効果的である理由は、尿石がアルカリ性だからです。
塩素系では、このようなつまりを解消することはできません。
トイレ掃除用品などは塩素系のものが多いですが、アルカリ性を選ぶようにしてください。
また、つまりの原因がわからないときに、塩素系の薬剤で効果がなかったときは、尿石が原因かもしれません。
または、水に溶けない固形物がつまりを引き起こしているのであれば、薬剤で対処することができないため、自分で引っ張り出すか業者に修理を依頼する必要があります。

強力な薬剤もある




酸性の薬剤の中で尿石に効果があるのは、サンポールという洗剤です。
これは昔から販売されている定番のトイレ用洗剤であるため、見たことがある人も多いでしょう。
サンボールを適量、便器にかけてブラシなどでこすり、水で流すだけで尿石を除去できます。
しかし、排水溝に奥につまっている尿石にはサンポールは効果がありません。
業者も使うことがあるデオライトという薬剤を使う必要があります。
これは、業者しか扱えないタイプと一般人でも使えるタイプがあり、薬剤の中でも強力であるため注意が必要です。
尿石以外にはトイレットペーパーや便が原因でつまりを発生させることがあります。
この場合は、重曹とクエン酸を使うと効果的です。
重曹はお掃除グッズとして使われることが多いため、持っている人も多いのではないでしょうか。
クエン酸はお酢で問題ありません。
これらを順番に便器に注ぎ入れると、泡立ってトイレットペーパーなどを溶かしていきます。
薬剤を使ってもなおらない場合は業者に依頼するようにしましょう。