水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまり修理の見積もりで目安にしたい金額とは

慌てて判断しないようにしよう

自分で直すことができないトイレつまりは、プロに依頼しなければなりませんが、修理にかかる費用が気になる人は、やはり多いのではないでしょうか。
突然発生するトラブルであるため、予想外の出費になります。
1000円程度であれば家系を圧迫するほどではないため、それほど気になりませんが1万円以上にもなれば少し痛い出費と感じるでしょう。
また、業者によって設定している値段が異なります。
悪質な業者にお願いしてしまうと、修理とは見合わない高額請求されるかもしれません。
そうならないためにも、見積もりで目安となる料金について知っておくことが大切です。
できるだけ早く直してもらいたいトラブルですが、慌てて判断を間違えないようにしてください。
見積もりをチェックした上で、安心して任せられるのかどうかをしっかり見極めましょう。

相場はどのくらい?

一般的に、トイレのつまりを修理する際は、作業に取り掛かる前に見積もりを出します。
状況を把握して、どのような対処法が必要なのかがわからなければ料金も出すことができないからです。
作業後にお金を請求してくる業者は避けてください。
また、つまり具合によって作業方法も違ってくるため、値段も上下します。
比較的、軽度の場合は5000円から1万円前後を目安にしましょう。
排水路の手前の方で詰まっている場合や、すっぽんを使って簡単に解消できる程度であれば軽度です。
トイレを取り外さなければならないほど重症化して入れば2、3万円と値段が上がる恐れがあります。
例えば、流してはいけないものを無理に流してしまい、排水管まで進んでしまった場合は、便器を外して排水管の中を確認しなければなりません。
何にどのくらいの費用がかかっているのか、必ず確認するようにしてください。
項目が不明瞭であれば、業者に詳しく聞くことが大切です。
また、深夜や早朝の時間帯は追加料金を設定していることも少なくありません。
できるだけお金をかけたくない人は、深夜や早朝を避けて依頼するといいでしょう。
目安になる価格と全然違う、高すぎると感じた場合は他の業者に依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。

0120-441-599
0120-441-599