水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりが軽度な症状のときには

悪化する前に直すことが大切

トイレつまりが起きた時は、軽度な症状のうちに対処することが大きなポイントです。
まだ使えると思って放置していると、症状が重度になり、修理費も多額になります。
また、汚水が便器から溢れ出して床や壁が汚れ、取り替えなければならないことも少なくありません。
集合住宅であれば、隣の部屋や下の階にまで汚水が染みてしまったなど迷惑をかけてしまいます。
このように、症状が悪化すると何一つ良いことはありません。
軽度のうちにしっかりと対処しましょう。
軽度な症状の一部は、水の流れが悪いけど流れる、水位が一度高くなっても時間が経つと元に戻る、ゴボゴボという音が聞こえるなどです。
この症状が出た場合は、まだ完全に詰まっていないため、その状態のうちに原因を突き止めて修理する必要があります。

症状が軽い時の対処法

トイレのつまり具合が軽い場合は、まず、はじめに市販の薬品を使ってみましょう。
便器や排水管の滑りや汚れを除去する効果があるため、改善される可能性があり、再発予防にも効果的です。
薬品には様々な種類があり、それぞれ使い方が異なるため説明書きをしっかり読んで行なって下さい。
おすすめの薬品は強アルカリ性のものです。
重曹とクエン酸を注ぐ方法も、つまりを解消させる方法の一つであるため、自宅にある場合は試してみても良いかもしれません。
薬で効果がなかった時は、すっぽんや真空式パイプクリーナを使います。
より流れやすくするために、ハンガーなどの先端を使ってほぐしてみてください。
大きな塊も少しずつ突っついていけば、細かくなっていくでしょう。
水に溶けるものであれば、このようなものを使って流しきるような対処法をしますが、それ以外のものが原因であれば、取り除かなければなりません。
ゴム手袋をして、便器に手を突っ込み、原因を掴んでひっぱり出しましょう。
症状が進行していなければ、手の届くところに原因が滞っていることが多いです。
このような方法を試してみても、解消されない時は業者に依頼して下さい。
下手に手を出す前に依頼することが大切なポイントです。
業者は素人では扱えない薬品や道具を使って、トラブルに対処するので、よくわからなかったら、業者に頼めば確実でしょう。