水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

ラバーカップでトイレつまりを直すコツとは

定番のアイテム


トイレつまりに効果的な道具で定番なのは、スッポンとも呼ばれるラバーカップではないでしょうか。
多くの家庭でもトラブルに備えて持っている人もいるはずです。
しかし、実際に使ったことがないという人も少なくありません。
何度も頻繁に発生していれば使い慣れているはずですが、まだトイレトラブルが起きたことがないため、使用したことがない人もいるでしょう。
いざという時に使えなければ意味がないため、コツを知っておくことをおすすめします。
まず、準備をしておかなければなりません。
最初にやることは止水栓や元栓をしめることです。
タンク内の水もポンプやコップなどを使って抜いてください。
便器の水位が高い状態でラバーカップを使うと溢れる可能性があるため、バケツで少し減らしておきましょう。
次に汚水が飛び散らないようにビニール袋や新聞紙で養生します。
これで準備は完了です。

コツを知ろう

ラバーカップを使うときのコツは、引っ張ることです。
排水口と水平になるように密着させて、ゆっくり押し込んでいきます。
これはつまりの原因を奥へ押し込んでいるのではなく、引っ張った時に圧力で流していくために行います。
単に押し込んでも症状は悪化してしまい、便器から水が溢れてしまうことや、排水管を傷つけるなど被害が拡大する恐れがあるため、使い方を間違えないように注意してください。
圧が逃げないように真空状態をつくらなければなりません。
この時に、スッポンが浸るくらいの水位にしておくことも重要なコツです。
これは水中の方が真空状態をつくりやすいからです。
引っ張る時は思いっきり引いてください。
水が吸い寄せられて詰まっているものを引っ張り出すイメージです。
この作業を数回繰り返すと、解消できる可能性があります。
ゴボゴボと音が鳴った時は、解消された証拠です。
このような方法でもトイレのつまりが直らなければ業者の力を頼りましょう。
何度もやってみたけど一向に改善されない場合は、素人では直せないほどの症状かもしれません。

0120-441-599
0120-441-599