水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの意外な原因とは

予想外なものでもつまる原因に


トイレのつまりは、どの家庭でも発生する可能性があるトラブルです。
意外なものが原因で、つまりを発生させることがあるため、確認しておきましょう。
意外なものとは、トイレに流しても問題がないとされているものです。
流せるお掃除シートや紙は、トイレに流しても大丈夫だと思って、当たり前のように水と一緒に流しています。
しかし、トイレットペーパーよりも溶けにくくつくられているため、何枚も流したり、流すときの水量が足りなかったりすると、途中で滞ってしまうのです。
流しても問題がないと安心せずに、できるだけゴミ箱に捨てるように心がけるようにしましょう。
また、トイレットペーパーも気をつけなければなりません。
いくら溶けるものだからといっても、一度に流す量が多すぎると危険です。
普段から使用量が多いと自覚しているのであれば、減らすことを心がけた方が良いでしょう。
排泄物を流した後に、ペーパーを数回に分けて流すのも一つの方法です。

節約のしすぎも注意

猫を飼っている人も猫砂に注意してください。
流せるタイプのものも販売されていますが、詰まるどころか配管を完全に塞いでしまうことがあります。
それは、猫砂は水分を含むと粘土のように大きな塊となるからです。
一度固まると崩すのが大変であるため、できるだけ燃えるゴミとして捨ててください。
このように流して問題がないものが、意外にトイレつまりの原因となっているケースが多いです。
また、流したものに意識がいきがちですが、節水もトラブルの元になります。
毎日使う水回りは、使うたびに少しでも使用量を減らすことができれば、大きな節約になるでしょう。
トイレタンクの中にペットボトルを入れて水量を調節し、排便をしても「小」で流すなどの過度な節水は、つまりの原因になることがあります。
また、排水管に尿石が固まって、素人では直せないほど重症化するのです。
このような尿石など自分で直せない時は、業者に依頼しましょう。
何がつまりの原因になっているか特定できなくても、業者に任せるとすぐに対処してくれるため安心できます。
節水のためにやっていたことが、裏目に出て無駄な修理費を支払うことにならないように気をつけてください。

0120-441-599
0120-441-599