水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりで使う最適なラバーカップの種類について

2つのタイプ


トイレのつまりが起きた時に使用するスッポンは、様々な種類があります。
どのようなものを選ぶべきか、わからない人もいるのではないでしょうか。
スッポンはラバーカップとも呼ばれており、ドラッグストアやホームセンターなどで購入ができます。
しかし、最適なものを選ばなければ、つまりを解消することができません。
中には価格で選ぶ人も多くいますが、無駄な買い物にならないように最適なものを選ぶことが大切です。
ラバーカップの種類は大きく分けると2つあります。
一つは和式用、もう一つは洋式用です。
古いトイレは和式が多いですが、現代では洋式が多いでしょう。
和式用を購入すると意味がないため、トイレのタイプに合ったものを選んでください。
どちらのタイプかはパッケージに書いていますが、見た目でも簡単に判断ができます。
和式用は出っ張りがなく、お椀型でサイズはどの種類も同じです。
洋式用は先端が少し小さくなっており、出っ張りがあります。
サイズもいくつかあるため、購入前に排水口のサイズを測っておくと間違いはありません。
どちらも1000円ほどで販売されています。

様々な種類がある

和式、洋式どちらにも使えるラバーカップもあります。
パッコンバーというもので業者も認めるほど優れたアイテムです。
見た目はスッポンのようにカップ状になっていません。
ゴム部分はお皿のように平らになっており、価格は2000円ほどです。
複雑な節水型便器にはニューラバーカップFITがおすすめです。
1000円ほど販売されているでしょう。
ラバーカップはいざというときに便利なアイテムですが、あまり目の付く所に置きたくないという人もいるのではないでしょうか。
トイレに小物やお花などで装飾をして、おしゃれにこだわっている場合は置きたくないものです。
スッポンそのものは形もデザインもそれほど差はありませんが、おしゃれなケースが付いているものを選ぶと、おしゃれな空間を邪魔しません。
ケース付きでも1000円前後で手に入るため、雰囲気に合わせてデザインを選ぶのも一つの方法です。
このような道具を使ってもつまりが解消されないときは業者に修理を依頼することをおすすめします。

0120-441-599
0120-441-599