水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりを直す有効な裏技とは

水の勢いで流す


トイレつまりが起きた時、業者にお願いしなければ解決しないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、簡単にできる裏技があります。
裏技の一つは、ホースです。
お庭を掃除するホースなどを蛇口にセットして、その水流で流してしまう方法ですが、ポイントがあります。
つまりが起きると便器から溢れ出しそうなほど水位が上がりますが、それをバケツなどで汲み取っておくことです。
汲みとれるだけ汲み取ってホースを配管の中まで入れてから蛇口を回します。
水圧で便器から外れないように固定しなければならないため、蛇口を回す人と固定する人の二人で行うといいかもしれません。
それでも直らない時は、お湯と組み合わせるとより効果的です。
配管にぬるま湯を少し流して、つまりの原因となっているものを柔らかくしてから水を流してください。
この方法は水に溶けるものが原因である場合のみ有効的であるため、異物などの場合は試してはいけません。

どの家庭にもあるものを使おう

もう一つの裏技はハンガーです。
お洋服を掛けるのに針金ハンガーを使っている人が多いでしょう。
それを1本に伸ばして先端を輪ゴムほどの大きさに輪っかを作ります。
その部分を使って抜き差しして崩していく方法ですが、トイレを傷つけてしまわないように注意してください。
また、伸ばすときに手を傷つけないように厚手の手袋をするなどをするといいかもしれません。
抜き差しするときは強引にすると逆に崩しにくくなることがあるため、探りながら慎重にしましょう。
何かに当たった感触があれば崩し、引っかかったときは先端に引っ掛けて取り出します。
トイレに物を落としてしまい、すぐに気がついたときはゴム手袋やビニール袋を何枚か重ねて手を突っ込む方が確実に取り出せます。
溶けるものであれば拳を握って入れたり出したりしましょう。
ポイントは隙間ができないように奥までしっかり入れることです。
そうすることですっぽんを使ったときと同じ原理で流れやすくなります。
このような方法でも解決できない場合も少なくありません。
その場合は、無理に解消しようとせずに業者に依頼することをお勧めします。

0120-441-599
0120-441-599