水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまったときに一番にすることとは

原因を特定しよう


トイレつまりが起きたとき、誰でも慌ててしまうものです。
慌てると冷静な判断ができなくなって、放置したり無理に流してしまおうとする人も少なくありません。
どの家庭でもトイレつまりは発生リスクがあるため、一番にすることを知っておくと慌てずに済むでしょう。
一番にすることは、何が原因であるかの特定です。
原因によって対処方法が異なるため、まずは何があるのかを調べなければなりません。
奥へ進んだものは直接目で見ることはできないかもしれませんが、しばらく放置すると判断できるのです。
例えば、水に溶けるトイレットペーパーやお掃除グッズであれば時間とともに溶けていくため自然と直っていたという事例もあります。
直っていなくてもお湯を注いで溶けやすくしましょう。
逆に溶けないものであれば、いくら待っても状態は変わりません。
1、2時間ほど待っても変化が見られないときは溶けないものと判断して、取り除く作業をします。

道具で直す

お湯を流しても解消されないときは、アイテムを使ってください。
例えば、スッポンです。
スッポンがなければペットボトルでも構いません。
排水溝に入る大きさのものを用意して底の部分をカットします。
ペットボトルの蓋を開けて、口を押さえながら排水溝の奥へ押し込んでそのまま押し引きを繰り返すだけです。
スッポンと同じ役割をして押し流してくれるでしょう。
ハンガーやワイヤーを使うのも効果的です。
流しても問題ないものであれば先端で崩し、取り出さなければならないものであれば引っ掛けて引っ張り出します。
その際に便器が傷つく恐れがあるため、慎重に作業をしてください。
比較的に軽症であればこのような方法で直るはずですが、慣れていない場合は苦戦して時間がかかります。
一番スムーズに解決する方法は業者に依頼することです。
放置しても直らない場合は、重度のつまりか自分で取り出せないほどものすごく奥へ進んでしまっている可能性があります。
無理に直そうとすると逆効果になることもあるため、業者に連絡をして適切な対処をしてもらってください。

0120-441-599
0120-441-599