水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの危険度の見極め方とは

どうやって見極める?


トイレつまりは早急に対処することができれば、重症化を回避することができますが悪化してから気がつく場合も少なくありません。
重症化すると修理費も高額になるため、危険度の見極め方を知り、早めに対処する必要があります。
危険度の見極め方の一つは、流れ具合です。
毎日当たり前のように使用するトイレは毎回水の流れを確認することはありませんが、チェックすることを心がけてみてください。
ポイントの一つは、水位が上がることです。
便器の中、排水管でトラブルが発生している可能性があるため、一旦水位の変化を見守り、改善されないようであれば深刻な症状に発展する前に修理しなければなりません。
タンクからの水流が少ない場合も要注意です。
水の勢いが弱いときは本来流れるべきものが流れていないかもしれません。
このように勢いが足りなかったり、一度水位が上がるなど流れが悪い時は危険度は低いですが、いずれ悪化します。
放置しすぎると排水管そのものの損傷につながるケースもあるため、注意してください。

異音には要注意

流した時にゴボゴボという音が聞こえてきた時も要注意です。
音がなっている箇所でトラブルが発生しているケースが多いため、どこから聞こえるか確認してみましょう。
便器から聞こえてきた場合は、便器の中に異物が詰まって邪魔をしている証拠です。
床から継続的に異音がする場合は、排水管に問題があります。
排水管は素人では調査することができないため、業者に調べてもらってください。
自分で分解して調べるようなことはしないようにしましょう。
タンクからの場合はタンクから便器への水経路に問題が発生していると考えられます。
ウォシュレットからの異音はつまりとは直接関係ない場合が多いですが、電子機器に不具合が生じている可能性が高く、メーカーに相談しなければ解決しません。
このように見極め方は様々ですが、前兆が全く現れない時も少なくありません。
突然のトイレつまりは慌ててしまうものですが、業者に修理してもらうとすぐに直してもらえます。
いずれ直るだろうと放置することはやめてください。

0120-441-599
0120-441-599