水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

古いタイプのトイレがつまった時の対処法とは

古くなった便器は詰まりやすい?


古いタイプのトイレを使っている家庭はつまりが発生しやすくなります。
その理由は尿石が排水口に蓄積されてしまうからです。
尿石とは尿の成分が固まって石化したもので、ほかの汚れよりもこびりつきやすく掃除をしても簡単に取れるものではありません。
まだ使えると思っていても、便器の中が黄ばんでしまっている場合は古いトイレの証拠です。
尿石にペーパーなどが引っかかってつまりを起こすため、対処しなければなりません。
方法は除去剤を使うことです。
便器の中に注ぎ入れて放置し、水で流すだけですが一度で綺麗になることはないでしょう。
何度か繰り返すことで効果が期待できます。
また、マイナスドライバーやたわしを使って物理的に落とすのも一つの方法です。
しかし、力を入れすぎると傷がついてしまうことがあるため注意して作業をしてください。

自宅にあるもので解決

除去剤がなく物理的な方法でも解決しない場合は、重曹、クエン酸、スプレーボトル、ブラシを使ってみましょう。
これは環境にも人体にも優しいエコ洗剤だと言えます。
水100mlに対して小さじ2分の1のクエン酸を混ぜ合わせ、スプレーボトルに入れて使うと便利です。
重曹は粉末のまま使ってください。
まずは、汚れている部分にスプレーしてその上から重曹をまぶし、30分ほど放置します。
最後にブラシで擦って水で流しますが、擦った後に数時間放置したりクエン酸と重曹の量を増やすとより効果的です。
綺麗になった後は、再び固まってしまわないように予防することが大切です。
例えば、使用後は適量の水で流したり、こまめに掃除をするなどが挙げられます。
毎日掃除する時間がない場合は、洗剤をさっとかけてブラシでこするだけでも効果的です。
この作業であれば1分もかかりません。
用を足したついでにできるため、習慣にしましょう。
他にも様々な手段がありますが、どんな手を使っても改善しない古いトイレは新しいタイプのものに交換するのも一つの方法です。
様々な種類があるため、どのタイプが適切かどうか業者に相談してみてはいかがでしょうか。
新しく買い換えるとつまりにくくなります。

0120-441-599
0120-441-599