水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの前兆を知っておこう

予兆を見逃してはいけない


毎日数回は使うトイレは、使用頻度が多い分つまりやすいです。
完全に詰まると自分で直すことができず、業者に修理してもらわなければなりません。
また、症状が酷いとそれだけ修理も大掛かりになりお金がかかります。
そのため、できるだけ早い段階で対処することが大切です。
トイレつまりの前兆を知り、重症化する前に対処しましょう。
前兆の一つは、水位が普段より高くなることです。
これは排水管がつまりかけている状態であるため、放置していると完全に流れなくなって便器から汚水が溢れ出してきます。
逆に水位が少なすぎる場合も要注意です。
排泄物を流すのには不十分であるため、次第に排水溝の奥で滞ってしまう量が増えて水が流れなくなります。
また、尿石が蓄積される原因にもなります。
尿石は通常の汚れよりも頑固でこびりつきやすく、掃除では綺麗になりません。
他には、タンク内にゴミが溜まっていたり、劣化、破損が考えられます。
タンクの破損は業者に依頼し、水に溶けるものが原因であればお湯を注いで溶けやすくすると改善されるでしょう。

異音も要注意

異音も前兆です。
水を流した時にゴボゴボというような音が聞こえたときは異物が滞っている可能性もあるため、すっぽんやワイヤーブラシで対処してください。
水が滴るような音がするときは排水管の破損が考えられるため、水道工事が必要です。
ウォシュレットから機械音が聞こえる場合は、電子機器に問題があります。
メーカーに相談し、新しいものに交換してください。
音が聞こえる場所に原因がある可能性が高いですが、床下や排水管の中などは自分で確認することが難しいでしょう。
トイレトラブルは自分で直せるものもあれば、プロに依頼しなければ改善されないケースもたくさんあります。
まだ使えるからといって放置していると、水漏れが発生したり汚水が溢れて床が濡れ、下層階の部屋に迷惑をかけるケースも少なくありません。
弁償したり無駄な修理費を支払わなければならなくなるため、後回しにしてはいけません。
被害が拡大する前に、予兆を見抜いて適切な判断をしてください。

0120-441-599
0120-441-599