水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレのつまりを見極めるポイントとは

水位の高さをチェック

トイレのつまりが起きた時、慌ててしまう人が多いでしょう。
毎日使う設備であるため、トラブルによって使えなくなると不便です。
軽度であれば、すっぽんなどの道具を使って自分で直すことができますが、重度になると時間がかかり、業者に依頼しなければ解決しないケースも少なくありません。
日常生活に支障を与えるため、できるだけ早い段階でトラブルに気づき、対処することが大切です。
見極めるポイントを知り、軽度のうちに対処しましょう。
見極めるポイントの一つは、便器内の水位です。
いつもより水位が高い、低い場合は注意してください。
何も詰まっているように見えなくても、排水口やパイプ内に異物が引っかかっている可能性があります。
何が原因かわからない時は、バケツに水を入れて少しずつ注ぎ、しっかり流れているかチェックしてみましょう。
レバーやボタンで一気に流すと、便器から溢れ出てくるかもしれません。
時間を置いても水位が下がっていかない時、異音や異臭がする場合も、つまりが起きている可能性が高いため対処しなければなりません。

調査してみよう

トイレのつまりは原因によって対処法が異なります。
何が原因かを特定せずに闇雲に直そうとすると悪化する危険性があるため、必ず調査をしてから対処法を考えていきましょう。
基本的にものを詰まらせた場合は、トイレットペーパーや便など、流して問題がないものを大量に投入してしまったか、おもちゃやスマホ、嘔吐物など流してはいけないものかで対処法が異なります。
身に覚えがなくても子どもがいたずらで投入することがあるため、注意してください。
ものを詰まらせていない場合は、タンクなど周辺にある設備にトラブルが発生している可能性が考えられます。
破損や劣化によって流れにくくなっているかもしれません。
下手に手を出しても解消されないばかりか、重症化することも考えられるため、チェックしてみてください。
このようなポイントを知っていても素人では見極めることが難しい場合があります。
わからない時は慌てずに業者に相談をしてください。

0120-441-599
0120-441-599