水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの見積もりで確認することとは

内訳もチェック

自分で直すことができない重度のトイレつまりは、業者に依頼しなければなりません。
全国各地に水道工事を行う会社があり、金額の設定やサービス内容、保証など、それぞれ異なります。
基本的には自分で優良かどうかを判断して依頼しますが、その際に見積もりがポイントです。
無料で実施している場合が多く、症状や原因、トイレつまりの程度を直接見てからどれくらいの費用がかかるかを提示します。
確認すべきポイントを知り安心して任せられる会社を選びましょう。
一つは、料金です。
費用は安く済ませたいものですが、極端に安い場合は疑ったほうが良いでしょう。
雑な作業で済ませて再び修理が必要になることや、終わった後に追加で高額な費用を請求してくる業者もあるからです。
どれくらいのお金がかかっているのかを項目ごとに見て、追加請求の有無を確認するようにしましょう。
請求書に総額だけ書かれいる場合や、内訳の詳細がないときも注意が必要です。
根拠のない不明瞭な記載には気をつけなければなりません。

適切かどうか判断しよう

トイレつまりの基本料金の相場は、5000円から1万円以内に設定されているケースが多いです。
これには作業費が含まれていますが、遠方から駆けつけなければならないときや、深夜や早朝の時には別料金が発生することもあるので、事前に確認しましょう。
特殊なトイレではない限り、トイレのサイズや種類によって料金が異なるということはないので、基本料金の項目が1万円を超えるようであれば、良心的な業者ではない可能性があります。
また、修理によっては材料費がかかります。
軽度のつまりを直すために使う材料は数千円で済みますが、重症化しており便器を交換しなければならない時などは高額になるでしょう。
見積もり時には、修理に必要な材料費や、どんな修理方法を用いるのかを確認するためにも、必ず自宅まで来てもらうことが大切です。
電話だけで見積もりを取るような業者には依頼しないようにしてください。
このようなポイントを意識した上で、業者を選んでみてはいかがでしょうか。

0120-441-599
0120-441-599