水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

原因が分からないトイレつまりの対処法

なぜ詰まったのかわからない

なぜトイレがつまりを起こしたのか原因が分からないこともあるのではないでしょうか。
適切に使ったと思っていても、意外なものが引っかかっていることも少なくありません。
例えば、ボールペンやハンカチ、おもちゃ、ナプキン、ティッシュなどです。
流そうとしていなくても、ポケットに入っているものが便器に落ちて気がつかずにレバーを回してしまった、子供がいたずらでおもちゃを突っ込んだなど予期しないトラブルが起きているかもしれません。
また、流しても問題がないトイレットペーパーも、使いすぎによって途中で滞ってしまうケースも多いです。
このように問題が発生するきっかけは様々ですが、つまりを直すためには原因を特定しなければいけません。
まずは、どこから発生しているのか場所を確認してみましょう。
トイレから一番近い点検桝を開けて、汚水が溜まっていないようであれば便器で詰まっている可能性が高いです。
汚水が溜まっている場合は、その先にある排水管にトラブルが発生していると判断ができます。
判断が難しいときは業者を呼んで調査をしてもらってください。

場所を特定できたら

場所を特定したら除去作業に入っていきます。
便器に問題がある場合は、空気圧で押し流してみてください。
スッポンやローポンプを使うと効果的ですが、流してはいけないものが引っかかっている場合や、何が詰まっているのか分からないときは、下手に手を出すと悪化させてしまうことがあります。
そのような場合には業者に連絡をして対処してもらいましょう。
排水管に問題が発生した場合は、点検桝からワイヤーを差し込んで汚れを取り除いていきます。
この場合も何が詰まらせているのか分からない状態であれば、手を出してはいけません。
原因が分からないつまりは業者にお願いをしたほうが安全です。
簡単に取り除ける場合であっても間違った対処法をして大掛かりな工事が必要になり修理費が高額になったケースも少なくありません。
重症化してからでは遅いため、自分で直せるのか、直せないものかを適切に判断をしてください。

0120-441-599
0120-441-599