水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまったときのラップの活用方法

キッチン用品で解決


トイレのつまりは専用の道具がなければ直せないと思っている人も多いのではないでしょうか。
すっぽんやワイヤー、薬品などが販売されていますが、経験したことがない人や、自分の家は大丈夫だと思い込んでいる人は道具を常備していないことが多いです。
しかし、トラブルはどの家庭でも起きる可能性があるため、一つは用意しておきたいものです。
道具がない状態でつまりが発生すると慌ててしまうでしょう。
無理やり流してしまうことや、放置すると症状が悪化する危険性があります。
その場合は、ラップを使ってみると良いかもしれません。
キッチン用品ですが、使い方次第で解消することができます。
使い方を知り、困った時に試してみてはいかがでしょうか。
手が汚れることもなく、誰でも簡単にできます。

どうやって使う?

ラップを活用したトイレつまりの解消法は、まず便座を上げてピッタリと覆います。
この時、少しでも隙間ができると効果がなくなるため注意してください。
密閉するように何枚も重ねていきます。
しっかり覆ったら上から中央部分を手でゆっくり押し込んでいきますが、爪を立てると破けてしまうため手のひらで押すようにしてください。
また、手のひらでも破けそうだと感じたら強度が不十分である証拠です。
さらに、複数枚重ねてください。
ゆっくり押し込んで、手を離すと押したラップが戻ってきたらまた押していきます。
思い切り押したり、強く押しすぎないようにしてください。
このような作業を繰り返すと便器内に圧力が生まれてすっぽんのような効果があるのです。
解消できたらトイレの水を流して完了しますが、この活用法は水に溶けるものが原因であるときにしか使うことができません。
溶けないものが原因なのにこの方法を行うと、余計に詰まらせてしまいます。
また、何度かチャレンジしてみたけど効果がなかったときは、水道工事業者を呼びましょう。
素人では直せないほど重症化している可能性が考えられるからです。
水に溶けないもの、原因がわからないときも業者に依頼したほうが安心です。

0120-441-599
0120-441-599