水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりを放置しても良いときとは

放っておけば直る?


トイレのつまりは放置しても良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。
意外にも、しばらく放っておくと解決することもあります。
しかし、すべての原因が効果的というわけではありません。
場合によっては、時間が経過したことで、どんどん症状が悪化していくことがあるのです。
目を背けたくなるトラブルですが、状況を把握して的確な判断をしなければなりません。
放置しても良いときは、トイレットペーパーがつまりの原因だった時です。
これは水に溶けるものであるため、時間とともに溶けていきます。
何が詰まっているのかわからない時は、3時間ほどを目安に放っておいてみてください。
それ以上、経過しても直っていない場合は水に溶けないものが詰まっている可能性があるため業者を呼びましょう。
解消されたかどうかを確認する際は、レバーやボタンを使わずにバケツから少量ずつ水を注ぎ入れるようにしてください。
万が一解消されていなかった時、便器から溢れ出てきて被害が拡大する恐れがあります。

逆にダメなもの

トイレットペーパー以外にも水に溶けるお掃除グッズも放っておくと解消されます。
また、大便も同様です。
これらを一度に大量に流してしまうと、排水管など途中で滞ってしまうことも少なくありません。
この時も3時間を目安に放置してみてください。
それでも直っていなければ業者を呼んだほうがスムーズに直ります。
逆に時間を置いてはいけないものは、それ以外のものです。
固形物や異物には意味がありません。
取り除くしか方法がないため、自分で取り出せるようであればゴム手袋をはめて便器の中に手を突っ込み、引っ張り出しましょう。
手が届かないほど奥へ進んでしまっている場合は、着脱作業が必要です。
素人が便器の着脱をすると、隙間ができて水漏れが発生したり、部品を落としたりしてしまい、つまりが悪化する可能性があります。
修理費にお金をかけたくないものですが、被害が拡大するほど修理規模が拡大してお金もかかります。
そのようなことがないように、早い段階に自分で対処できるものなのかを見極めることが大切です。

0120-441-599
0120-441-599